FC2ブログ

入院診療録の思い出

心臓カテーテル検査

今日、義父が狭心症の心臓カテーテル検査のため、近隣病院で精査入院をしました。たまたま私も休みだったので、義母共に病院へ。朝から検査に付き添うことになりました。
10時に入院し、13時からの検査。1時間ほどの心臓カテーテル検査の後、狭窄部位があるので、そのままステント留置術に切り替わり、術後の安静を確認して、今帰宅したところです。
心臓カテーテル検査とは、局所麻酔下に、手首または大腿の動脈から心臓まで管を入れて、冠動脈の造影検査を行うもの。その結果、狭窄があったため、その管を通して風船付きカテーテルを挿入し、冠動脈を拡張させ、義父はそこにステントを入れたようです。

帰りに病棟の片隅に医療事務の女性の方が電子カルテの前に座っていました。「テレビカードはどこで買えますか?」そんな質問をすると、電子カルテの手を止め、親切に応対してくれました。
当時の私は笑って患者様に応対出来ていたっけ。怖い顔でカルテだけを見ていなかったろうか。急に懐かしさがこみあげてきた私です。

入院担当志願

というのも、実は5年前までは、某病院で入院担当をしていました。
それまで私は人間ドック担当で、人間ドックのお知らせを送ったり、結果を送ったり、空いている時間は外来カルテを運んだりなど、一切診療点数にはかかわらない仕事をしていました。
しかし、診療報酬に興味が出てきた私は、なんとか「外来会計窓口の計算をしている人!、レセプトの見れる人!」になりたくて、チャンスを伺っていましたが、当時の外来担当は上司のお気に入りのメンバーで固められていて、入り込む隙はありませんでした。
その頃の入院担当は、激務と呼ばれる部署で、新しく入っては辞め、また新しく入っては辞めを繰り返しているような所でした。外来担当から入院担当へ異動になるのですが、もちろん、そんな入院担当に進んで行きたい人などいなくて、いつも一人辞めると次は誰が犠牲者になるのか!といった感じの雰囲気でした。
  • 若い明るい人は外来担当
  • 暗く怖そうな人は入院担当
  • おばさんたちはドックや健診、カルテ運び担当
そんな位置づけがされていたように思います。
診療報酬を覚えるためには、外来担当は無理だと思った私は、あえて入院担当を志願しました。
全く診療報酬のしの字も知らず、外来(基本)の診療報酬も知らずに、大胆な行動だったと思います。しかし、当時本当に入院担当が足りなく、派遣会社の社員さんまでが応援に駆け付ける始末。私のようなものでも、やる気があるならと採用されたのです。
そこから私の本当の医療事務員としての一歩が始まったのです。

入院担当時代

自ら志願して入院担当になったものの、現実は過酷でした。一緒の病棟を担当した方が、たったの3か月先に入った方だったこと。応援社員さんがとても厳しかったこと。当時は紙カルテだったため、業務量がとてつもなく多かったこと。
突然、荒野に投げ出されたような感じでした。毎日泣いては起き上がり、怒られては立ち上がりを繰り返し、レセプト時には深夜になることも。
朝、入院診療録を出力し、ミーティング後にそれぞれの担当病棟へ。毎日入院カルテを全員分チェックし、診療録を手書きで記載。その後レセコン入力と、今では考えらえない程のアナログな業務をしていたのだと思います。
当時の診療録を掲載します。この小さなスペースに毎日の診療をカルテから拾い出して記入していくのです。全て手書きで、手計算。診療点数早見表と電卓を片手に医事課と入院病棟を往復する毎日。業務は本当に大変で紙カルテの時代には戻りたくありませんが、何故だかとても懐かしいです。

まとめ

今でこそ、ブログを書けるほど診療報酬が好きになりましたが、当時は本当に手探り状態。早見表を読みこなすことすら難しくて、教わるままよくわからないまま算定していたように思います。もし、今、診療報酬が難しくて投げ出したい人がいたら、もう少し踏ん張ってみて下さい。

苦労は必ず報われますよ。40過ぎて主婦から医療事務を始めたおばさんの私が言うのだから間違いないです。


医療事務って、どうですか?

清宮君、日ハムが交渉権獲得


早実の清宮幸太郎選手や広陵の中村奨成選手のドラフト会議をニュースで見ながら、ブログに向かっています。爽やかで、フレッシュで、しっかりとした考えを持っている18歳。日本も捨てたもんじゃないなあ~と思いますね。

私の18歳はどうだったのかと思い返してみると、私なりの大きな夢を持っていました。高校を卒業し、東京の大学に進学。最初は大きな夢を抱いて上京したものの、夢と現実のギャップを埋められず、就職。その後は結婚出産専業主婦を経て、現在の医療事務職に。もちろん、今は今で満足していますが、思い切って自分の夢に向かっていけなかった自分に少し後悔もあります。




医療事務は憧れの職業ではない


多分、今の子供や学生にアンケートを取ってみたら、医療事務は絶対に憧れの職業に入ることはないでしょう。私も自分の子供に医療事務を進めることはしません。

☆リクナビが提供する2016年版 高校生つきた職業ランキングによると


  1. 教師

  2. 公務員

  3. 看護師

  4. 製造業

  5. 保育士・幼稚園教諭

  6. 建築士

  7. 薬剤師 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・リハビリ

  8. 俳優・アイドル・ミュージシャン

  9. 美容師・理容師・エスティシャン

  10. 管理栄養士・栄養士

  11. 調理師・シェフ・パティシエ

  12. 技術者・研究者

  13. 会社員

  14. 社会福祉士・介護福祉士・

  15. 空港職員・航空関連

  16. エンジニア・プログラマー

  17. デザイナー・スタイリスト

  18. 放射線技師・臨床検査技師

  19. イラストレーター・アニメーター

  20. トリマー


こんな結果になっています。

やはり手に職をつけるタイプの仕事が人気のようです。医療関係も多く入っているのに、医療事務になりたい人はやはり少数なんでしょうね。




医療事務になぜ憧れないのか?


それはずばり給料が安いからです。華もないですしね。

医療事務の場合、正社員ならなんとか生活できる給料は頂けるでしょうが、大抵の場合、パートやアルバイトが多い職種です。パートですと1日8時間働いたとしても、月15万あればいいほうでしょうか。


  • 実家から通って生活している

  • 夫(又は妻)も仕事を持っている


そうであれば、大丈夫です。

しかし、一人で生活をして、一人で食べて行こうと思っているとしたら、医療事務は勧めません。

家賃・生活費それだけで給料は無くなってしまいます。趣味がある、旅行が好き、ファッションにも手を抜けない。そんな方は是非ともパートではなく、正社員を目指して頑張ってください。




医療事務は面白くないの?


いえいえ、医療事務は面白いです。勿論、営業など外回りの好きな方や、人前に立って目立つことをしたい人にはつまらない仕事に思えてしまうかもしれません。


  • 人との関わりが好き

  • じっくりと考えて仕事をするのが好き

  • チームワークが好き


そういう人なら大丈夫。医療事務は面白いです。毎日の小さな受付の会話に楽しみを見出すことも出来ますし、診療報酬は勉強しがいのある仕事です。おまけに医師、看護師、その他コメディカルの方とのチームプレイ。医療事務は立場は病院によっては、結構低いところもありますが、何と言っても大事なお金を支えている部署。お金がなければ人も雇えないし、経営だって成り立ちません。医療事務は、人助けを基本としている病院の十分戦力の1人です。


医療事務は何歳まで働けるの?


もちろん、定年までです。そして何よりいいところは、働き始めるのがいくつからでも行けるところです。若い時から医療事務をしていなくても、転職後、結婚後、出産後、子育て後。そういくつからでもやる気さえあれば、働くことが出来ます。アルバイト、パート、正社員と自分のスタイルに合わせて働けるのも魅力の一つ。私も38歳から医療事務を始めました。私の友人は50歳になって医療事務で働き始めましたしね。

また、働ける病院が日本全国どこに行ってもあるのも魅力の一つ。診療点数早見表を片手に全国どこでも働き口がありますよ。




医療事務って資格がいるの?


特段、資格はいりません。もちろん、ないよりある方が採用されやすいかもしれません。また色々な財団や会社が医療事務講座を開いて、資格を取ることもできますが(国家資格ではありません)、習うより慣れろというのが、現場の医療事務。働きながら、勉強していくのも有りです。

国家試験がないのを嘆くより、逆に言うと、資格が有益でないことが他の職業にはない強み。柔軟性をもっています。




医療事務ってしんどいの?


これは一口には言えません。やはりその病院によって違うからです。しかし一般的には営業のように数字をあげないと責められるわけではありませんし、比較的女性が多い職場ですので、柔和な人が多いです。どちらかというと責めるより守る仕事。決められた物事の中で遂行していく仕事ですので、世間一般の仕事の中では、しんどくない仕事だと私は思います。




まとめ


医療事務は確かに夢のある仕事ではありません。給料にせよ、仕事内容にせよ、地味な地味な仕事だと思います。でも本気で取り組めば、やりがいはいっぱい見出せる仕事。楽そうだからと始めた人は続きません。だって地味で面白くないから。

本気で頑張ろうと思っている方には、きっとやりがいみつかると思いますよ。










時代は変わる もう医療事務なんて要らない

Yahoo!ニュース(ニューズウィーク日本版)でこんな記事をみつけました。➡予約から診察・会計までワンストップのオンライン診療「CLINICS」

もうこんな時代になったのですね~。お店もホテルもスマホで予約が出来る時代。英会話だって受験勉強だって、アプリで有名講師の講義が受けられる時代です。医療にもスマホの波が押し寄せてきています。


「CLINICS」


早速、アプリでダウンロードしてみました。実際はこんな感じでした。





アプリを開くと、登録画面が現れます。

個人情報を登録し、同意書にチェックをすると診察予約が開始。自分の都合のいい時間にビデオ診察をし、薬は処方せんが自宅に郵送されるよう。会計も保険証とクレジットカードをあらかじめ登録してあるので、そのままクレジットカードに決済される仕組みのようです。

実際の患者を診ずして、どこまでの医療が提供できるのかは疑問ですが、少なくともこの記事にあるように、精神疾患患者様や、禁煙外来、様子を伝えるだけで診断を受けれる症状には手軽で利用価値があるように思います。待ち時間が一切ないのも大きな魅力ですよね。

同様にこんなアプリもあります。以前にも記事にしましたが便利アプリ「ヒポクラ」。これは医師が利用するためのアプリですが、もう時代はこんなに変わってきています。
詳しくはこちらもどうぞ。➡ヒフミル君の謎


MEDLEY


同じ会社の提供している「医師たちがつくるオンライン医療時典 MEDLEY(メドレー)」も恐ろしく便利です。実際に使用してみました。








最初に症状や薬などから自分に合うものを入力し、様々な質問が現れます。この質問が実に細かい!試しに私は朝胃のむかつきがたまにあるので、「胃のむかつき」と入力したところ、最初は嘔吐、血便、お腹の張りなど数個の質問にある・ないをチェックするように指示があり、ある/ないと選択すると、それに伴う追加の質問がさらに出てくる。数十ページその質問が繰り返されて、ようやく診断がくだります。最終的にその病気についての説明が数ページにわたりあり、その上で近隣の病院を探してくれるシステムになっています。
私の場合、慢性胃炎の診断でしたが、慢性胃炎のページには(13人の医師がチェック!80回の改定!最終更新2017/7/21)とあり、素人ではなくドクターが最新状況で常に見直しを行っているところに信頼が持てました。
よく患者様の中にネットを調べて「自分はこんな病気だと思う。」と前置きして来られる患者様が最近増えてきているのは、こういう情報があふれているからでしょうね。でも自分の症状から一体何科に行ったらいいかわからないことも多いので、とりあえず調べてみる価値はあると思います。

医療事務の今後


こんな医療が普及されはじめるとしたら、実際の病院に足を運ぶ人は減っていくでしょう。最初はスマホで診察をしてもらい、その後、実際の患者の検体からの検査や画像診断が必要な場合のみ、病院に行くようなシステムが構築されていくかもしれません。

病院では、ペッパー君のようなロボットが受付をし、今まで人がしていた算定から会計まで全てをコンピューターが処理してくれる。レセプトだってそのまま送信される仕組みになるかもしれませんね。

医事課に必要な人間は、そのロボットたちを制御する管理人一人のみってことになったりして。それほど遠い未来ではないのかもしれません。


まとめ


私の子供世代、孫世代の仕事選びは、今後どんどん変わっていくことでしょう。せいぜいあと10~20年程しか仕事が出来ない私としては、心配する必要のないことですが、大きく変わっていく世の中を想像するのは楽しいことです。

若い皆さん、30年後を見据えて仕事していますか?その仕事に人間は必要ですか?

仕事をする目的

ヨガ教室


1年前から週に1回、近所の市民ホールでヨガを習っています。ゆっくりと1時間かけて体を伸ばしていくのは、とても気持ちよく、終わった後はそのままトロトロと眠ってしまうほどの心地よさです。木曜日の休診日がちょうどレッスン日と重なっているので、毎週欠かさず通うことが出来るのも魅力の一つです。趣味でマラソンをしているので、ヨガで体幹を鍛えることも出来、ランニングにも相乗効果があります。

ヨガを教えて下さるのは、インド人の先生でなんと20年以上前から私の住んでいる町の近隣、数十か所でヨガを教えていらっしゃいます。

先日、このヨガの先生に、相談を受けました。私の働いている市のどこかで、新しいヨガ教室を開きたいので、場所探しを手伝ってくれないかとのことでした。

早速、市のスポーツ振興会に相談に行ったところ、外国人ではあるが、日本語は上手だし、20年も前から近隣でヨガ教室を開いているという実績を買われ、すぐにでも契約したいとのことでした。

先生の要望は、出来るだけ多くの人に通ってもらいたい。とのこと。

スポーツ振興会の方が、チラシ作り、配布、広告から人集めまで全て引き受けてくれて、場所代もなし。月ぎめで人数が何人であっても、先生に月謝の7割が支払われるというもの。

決して悪くない条件でした。

しかし、どういうわけか、先生はあまり良い顔をされません。理由を聞いてみると、月謝が高いというのです。月謝は一か月(週1回1時間×4~5回)3500円とのこと。これはスポーツ振興会で決まっている額だそうです。それが高いというのです。

安いと言って不満に思うならまだわかりますが、安いといって不満に思われるなんて、こちらの方が困惑してしまいました。

更に理由を聞いていくうちに、ようやく先生の意図することが見えてきました。

先生は、お金儲けをしたいわけではないのです。ただヨガを一人でも多くの人に伝えたい。ただそれだけだったのです。だから、ヨガに通ってくる方の月謝が高いと長く続かないので、意味がないと。出来るだけ月謝を安くして、一人でも多くの人に集まってもらい、ヨガの楽しさを伝えたい。それが先生の目的だったのです。

仕事の目的


自分なりの目的を持って祖国から遠い日本で、ヨガを教えていらっしゃる先生はとても崇高な方だなあと感心しましたが、では、私は何のために医療事務をしているのでしょう。

簡単に言うと、お金のためです。誰でも一番の理由はそうですよね。私の場合は、自分の空き時間、器、家庭のことなどを考えると、バランスよく出来るのがこの医療事務だったというわけです。(こちらに詳しく経緯を書いています。ご覧ください。➡医療事務を目指す方へ
しかし、今はこの医療事務そのものが面白くなって、深く追求するために仕事をしています。ある意味、お金以外に仕事の目的を見いだせたことは幸せなのかなと思います。

医療事務の目的


医療事務の本来の目的は、医師の業務を事務面でフォローすることです。

「医は仁術なり」という言葉があります。「医は人命を救う博愛の道である」という意味です。医師の業務は「患者を救うこと」私たちも普通の事務ではなく、人の命を救う一介を担っている事務であることを誇りに、業務をすることが肝要です。

とはいうものの、現実には成金主義?権力争い?と思わせるような医師にも遭遇しますよね。そんな医師のために事務をするのが嫌になることもありますよね。しかし、そこはぐっとこらえて、人命を救うため、患者様を第一に考え、仕事が出来る事務員になりたいものです。



まとめ


実はこのネタをブログにしようと思ったのは、息子からの一本のメールでした。どうも仕事がうまくいっていないようで、彼なりに思い悩んでいるようでした。「もう何の目的でこの仕事をしているのかわからなくなったよ」と。

子供はいくつになっても、子供です。母は子供が落ち込んでいる時、心臓をわしづかみにされているような気分になるものです。それは昔も今も同じです。母としてどうメールを返信してやればいいものか、励ますのがよいのか、突き放すのがよいのか。夫からは未だに子離れが出来ていないと怒られますが・・・皆さんの仕事をする目的は何ですか?

私の息子への精一杯の返信は「明日は明日の風が吹くよ。」

診療所か病院か

日から、勤め先の診療所の院長が学会に行かれるので、スタッフは臨時休業!あまり、有給を取りにくい我々にとっては、至極の喜び。私は、遠く離れて暮らす九州の父のところに、フェリー⛴往復旅行を計画している。
以前勤めていた病院では、有給はほとんど消化できるほど、利用していた。子供達も小さかったので、有給制度には色々と助けられた。病院の頃は、有給も取りやすかったなあ~と今更ながら思う。
しかし、従業員としては、診療所と病院どちらがいいのであろう。もちろん、それはその人にとってのデメリットなので、優劣はつけられないが、私の経験した限りでの診療所と病院との違いについて書いてみようと思う。 

以下、医療事務業務で、平正社員の場合

勤務日



【病院】月曜から金曜
【診療所】月曜から土曜     木曜は休み

休み




【病院】土日祝日   夏休み3日、正月休み5日曜 


【診療所】日祝日 お盆休み約3日、正月休み7日


勤務時間



【病院】
8:45~17:15  昼休み50分 


【診療所】
8:30~12:50  昼休み50分  15:30~18:30
午前診療が長引く場合は、午前と午後の間の休みがなくなったり、午後診療が長引く場合は診療終了までが勤務となる。20時、21時まで業務となることもある。

残業 レセプト時期除く



【病院】週1から3時間
【診療所】週5時間から7時間 

残業 レセプト時期



【病院】5から10時間
【診療所】2時間程度

業務内容




【病院】外来、入院、受付、会計、労災、事故色々な業務があり、担当替えがよくある。 


【診療所】事務業務は全てやるというスタンス。担当という区切りは曖昧。業務内容に変化なし。


トイレ休憩



【病院】いつでも取れる
【診療所】若干取りにくい、業務の合間に行く

業務改善




【病院】会議等にあげてからなので、中々自分の意見が通りにくい 


【診療所】院長への直談判も可  自分の意見が反映されやすい


給与



【病院】13から15万円
【診療所】18から20万円

有給



【病院】年10日  取りやすい
【診療所】年10日 取りにくい

採用試験



【病院】面接重視だが、試験をするところもある。資格などの提示を求められる。
【診療所】面接のみ。資格などの提示は求められる。

昇給



【病院】平社員の間はほとんど昇給なし
【診療所】年2000円程度のアップ

研修




【病院】マナー研修、個人情報研修、医療事務研修等 多数。診療報酬改定の折はその都度、研修あり。 


【診療所】年に数回。個人情報研修など。診療報酬改定時は、外部研修を利用するか、自分達で研究、学習する。


事務員数



【病院】30名  病床数250床
【診療所】4名 外来数100人/1日

従業員同士のトラブル



【病院】年間数件は必ずある
【診療所】今の所、3年間表に出るトラブルはほとんどない

食事会




【病院】忘年会、新年会、歓迎会、送別会など、年に5から6回   会費制


【診療所】年3回。そのうち1回は、旅行。診療所によっては、海外旅行を毎年恒例とするところもある。 全て費用は無料。


異動




【病院】〇〇会などの医療法人の場合、異動はある 


【診療所】ない


昼休みのコーヒー




【病院】全員で、割り勘 


【診療所】院長からの善意の提供


インフルエンザ予防接種費



【病院】1000円
【診療所】無料

社内恋愛




【病院】結構あり。ドクターや、薬剤師、コメディカルの方との恋愛チャンスあり。 


【診療所】院長以外は、全て女性。全くないに等しい


医療事務の立ち位置




【病院】医者   看護師 その他コメディカルの下 


【診療所】組織は小さいが立ち位置は病院と同じ


まとめ




いかがでしたか?どちらも一長一短って感じですかね。どちらも経験して初めて今の自分があると思うので、皆さんも両方経験してみると楽しいかもですね











スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }