脈波の算定

脈波検査

動脈硬化、狭窄の程度を見るために、しばしば脈波検査が行われます。検査の内容はこんな感じ。


両腕、両足に血圧測定用のカフを同時に巻いて、自動で血圧と脈圧を測る検査です。そこからPWVとABIを割り出し、血管がしなやかかどうか、測定します。その値によって動脈硬化はあるか、狭窄、閉塞の程度はどうか定量的に見ることができます。
  • PWVとは、心臓から押し出された拍動を上腕と足関節の脈波を測定し、2点間の時間差と距離を求めることにより算出するもの。血管の硬さ(しなやかさ)がわかります。
  • ABIは足関節の収縮期血圧(上の血圧)を上腕の収縮期血圧(上の血圧)で割って求めます。(どちらか高い方の値を使用)
 

脈波の算定

  • PWV測定は、D214「6」血管伸展性検査(100点)で算定します。
  • ABI検査は、血圧測定のため、基本診療に含まれます。


大量減点

実は、2年前に1か月に約数十件、一気に査定になったことがあります。それがこの脈波でした。当初、この脈波検査を間違ってこのように算定していました。

誤:脈波図、心機図、ポリグラフ(3又は4検査)130点
       ↓
正:血管伸展性検査 100点

数か月して戻ってきた連絡文書には次のようなことが書いてありました。
「標記検査については、平成22年度4月の診療報酬改定にあたり「誘導」の考え方が変更されました。例えば四肢に電極を装着した場合は、「4誘導」として算定されていましたが、平成22年4月の診療報酬改定より「誘導数」から「検査数」に点数の区分が変更されたため「1検査」と考えられます。(4検査ではありません。)また、通常行われます脈波図・心機図・ポリグラフ検査にて脈波電動速度を求めている場合は、「血管伸展性検査(D214(6)100点)での請求が妥当と考えます。以上のことから請求に際しましてご留意いただきますようお願い致します。」
後にも先にもこのような丁重なお手紙付きでの、大量査定を頂いたのは初めてのこと。冷や汗の出る苦い思い出減点です。


まとめ

2011_0916_092131-003.jpg

算定は、正しいと思い込んでいると何の疑いもせず、日々が過ぎて行きます。この脈波の件も同様。この場合は、減点対象でしたので、審査にかけられ戻ってきたことで気付くことが出来ましたが、もし、算定出来るものを取り忘れていた場合は、誰からも指摘されることなく、そのまま損をしたまま過ぎて行ってしまいます。普段何気なく算定している点数を、時折見直してみることが必要かも。大きな取り漏れや、間違いに気付くこともあるかもしれません。

抗認知症薬の病名について

アリセプト8㎎減点


先日、アリセプト8㎎の処方が減点されました。理由はアルツハイマー型認知症の病名に高度がなかったことによるもの。通常アリセプトは3㎎を2週間で開始し、5㎎、8㎎、10㎎と増量していくもので、当院では10㎎に上がった段階で、高度アルツハイマー型認知症の病名をつけていました。8㎎で高度がないことによる減点のようです。




薬剤の本を確認する


私の愛読する「今日の治療薬」南江堂を確認してみると、




適応:アルツハイマー型認知症
用量:1日1回3㎎から開始、1~2週間後に5㎎に増量、高度には5㎎で4週間以上経過後、10㎎に増量




とあります。なるほど、8㎎にするという状態については明記していませんが、5㎎を4週間以上経過後、それ以上に増えた場合は高度病名がいるということでしょうか。

実際、査定されてしまったので、次回から気を付けるしかありません。




抗認知症薬4剤の病名について


抗認知症薬にはアリセプトの他に、イクセロンパッチ、レミニール、メマリーなどが処方されます。4剤は症状や体質などによって、変更になることがあります。実際の患者さんの状態が高度認知症であっても、薬剤によっては、高度を削除しないとレセプトは通過できません。

例えば、アリセプト10㎎を服用されていた方が、薬の副作用で興奮状態が持続したり、食欲不振が増強し、イクセロンパッチに変更した場合、病名を高度アルツハイマー型認知症➡アルツハイマー型認知症に戻します。実際の患者様の状態は高度アルツハイマー型認知症のままであっても、レセプト病名として、高度を外すという訳です。



4剤を薬剤本で確認する












イクセロン、レミニールの場合は、軽・中等度

アリセプトは、軽度から高度

メマリーは、中等度・高度

の病名が適応のようですね。

4剤とも副作用も多いので、薬剤の変更は度々起こります。薬剤が変わる度に、病名は大丈夫かチェックする必要がありそうです。



レビー小体型認知症は、ドネペジル(後発薬)不可の原則


上記の表、アリセプトの②をご覧下さい。
レビー小体型認知症の場合、後発医薬品は未取得になっています。要するに、レビー小体型認知症の場合は、アリセプト(先発薬)のみが適応病名です。ついうっかり一般名で処方することのないよう、注意します。


まとめ


抗認知症薬は現在4剤のみ。認知症が世間に広く知れ渡って、治療を望む患者様が増えているので需要が増えています。今の段階では認知症をよくすることはできませんが、少しでも認知を遅らせたいという患者様が、次から次に今日も病院を訪れてきます。お蔭で業務時間が延びる一方。疲弊しているスタッフ一同です。

今月のレセプトチェック 投薬のルール

早いもので9月が始まりました。急に空が青く澄んで、秋風が心地よく感じられるようになりましたね。さて、レセプトシーズンです。今月も張り切って点検スタート!


投薬の基本



レセプト点検の時に、何を重点的にチェックしていますか?意外に漏れてしまうのが、投薬の内容。病名に漏れがないかは、チェックしますが、内容については見落としがちなもの。一旦医師が、処方したものですので、今更処方内容は変更できませんが、医事として、過剰と判断できる場合、前もって症状詳記をつけたりなど工夫は出来るものです。まずは投薬の基本の主なものをピックアップ。



  1. 同一患者に同一日に院内処方と院外処方は、原則、認められない(緊急時の臨時処方として同一日に院内・院外処方を行った場合:処方箋料と院内投薬の薬剤料のみ算定する。院内投薬に係る処方料・調剤料・調剤技術基本料は算定できません。)


  2. 薬剤量と適応は、記載どおりのものとする(文献を確認すること)私は、「今日の治療薬」南江堂でいつもチェックします。

  3. 頓服は、1回につき10日まで(当院では14日まで出すこともありますが、今のところ減点はありません。)

  4. 抗生剤など常用量を越えないこと

  5. 禁忌薬のチェック

  6. 内服の処方日数は基本30日まで

  7. 湿布は1回につき70枚まで

  8. うがい薬のみの治療を目的としない投薬は算定できない





その他、薬についてはここで書ききれないほどのルールがあります。いつも大体同じ薬剤が出る場合は、診療点数早見表の「投薬」の欄などを参考に、院内ルールをあらかじめ作っておくことをお勧めします。



参考:こちらのページもどうぞ 


バルトレックス   ヨーデル   クラリスロマイシン   アリセプト3㎎ 

薬の長期処方   漢方薬の保険適用   湿布枚数         一般名処方 

特処・長期      処方せん料             病名整理


まとめ


投薬に関するレセプトチェックは、多剤にわたり、ルールも様々で専門的ですので難しく感じられますが、まずは、院内でよく処方される薬についてチェックをし、院内ルールを作っておくことをお勧めします。あと、過去に査定された一覧表を作っておくとレセプトチェックに一役買いますよ。ではみなさんレセプト週間、頑張って乗り切りましょうね。

HbA1cの減点

明日はレセプト送信です。
それにもかかわらず、押し寄せてくる盆休み前の患者様の列列列。

朝から「ここはどこ?」という程、ワイワイガヤガヤ、元気な?お年寄りたちの笑い声話し声。

「お宅が長い夏休み取ってんやからなあ~。」の鋭い患者様の突っ込みに、「そうですよね。確かにこっちの勝手休みなんですけどね。病院は、通常診療ですものね。でもクリニックの醍醐味ってそこぐらいなんですから、休ませて下さいよ」。と心でつぶやき、顔で笑って。

おまけに台風の警報で、子供さんが休みになり、急きょ休みを取らざる負えなくなったスタッフもおり。

朝から院内も台風でした(´;ω;`)ウゥゥ

そんな中でのレセプト点検。国保からこんな減点が戻ってきました。


まさかのHbA1cの減点です


縦覧点検 

5月30日 HbA1c 施行 (病名 糖尿病疑い)

6月27日 HbA1c 施行 (病名 糖尿病疑い)





まさかHbA1cは1か月に1回のみ算定の検査の代表格!

月1回のルールは守ってますし、病名漏れもありません。

それなのに何故???




大事なことを忘れていました。というよりそこまで気が付かなかったこちらのミスですね。この患者様、糖尿病の疑いはあるものの、あくまでも疑いのみ。医師に相談すると、値的にほぼ糖尿病に近いらしいですが、微妙なところだそう。なのでもちろん薬もまだ出ておりません。そこを見落としていたんですね。糖尿病確定診断で、毎月1回HbA1cを測っていたとしたら、何の問題もなかったのでしょう。しかし、ほぼ寝たきりに近いこの患者様に、そこまで多くの検査は過剰と判断されたのでしょうか。縦覧点検でチェックされたのは、当院初めての事例です。突合点検での減点は、たまにあったのですけどね。


参考

縦覧点検とは・・・同一医療機関の同一患者について、サーバーに蓄積している過去6か月分のレセプトを参照して、当月のレセプトを審査することをいう

突合点検とは・・・医科・歯科レセプトと調剤レセプトをコンピューター上で患者単位に紐づけし、院内処方のレセプトと同様に病名と医薬品の適応、用量等の適否を審査するものである


週1回 月1回 複数月1回の検査(レセプト総点検マニュアルより抜粋)






まとめ


医師の中には、納得いかない部分もあるようですので、とりあえず再審査してみます。結果は数か月後にお知らせ出来ればと思います。明日は、台風一過。よい天気になるでしょう。(子供の頃は台風一家だと思っていました・・・)レセプト終了まであと一息。お盆の波にのまれながらのレセプト業務、皆様頑張りましょうね。







病名整理について

ここ連日の猛暑のせいか、お盆前の駆け込み受診のせいか、毎日大勢の患者様が診察を受けに来られます。多くは定期的な診療ですが、最近特に多いのが脱水症・熱中症の患者様。外で作業や仕事をする人だけでなく、涼しいはずの家の中にいる年配者でも、脱水症になっている方が多く見受けられます。

「最近しんどいですわ。」

「食欲がなくて・・・。」

という訴えの患者様が来られると、まず血液検査を施行。

検査の結果、大抵の患者様が脱水になっていらっしゃいます。

そうなると、連日の点滴指示。食事の摂れない方にはエンシュアなどの栄養剤が処方されます。




急性期病名


問題:上記のような患者様につけられる病名はさて何でしょう。

生理食塩水などの補液での点滴の場合は➡脱水症

嘔気・嘔吐も伴う場合は➡嘔吐症

栄養剤が処方されれば➡栄養障害

補中益気湯・清暑益気湯などの漢方が処方されれば➡食欲不振など

腎機能・肝機能検査が行われれば➡腎機能異常疑い・肝障害疑いなど

発熱もあり、風邪症状も伴う場合の胸部レントゲン検査は➡肺炎疑い

同じく尿検査もした場合は➡膀胱炎疑い


これでレセプト病名は通過できます。


このような病名を急性期病名と言います。発症はするものの、すぐに治る可能性のある病気のことです。




病名の転帰について


急性期病名は、治癒や中止をした場合、素早く転帰をする必要があります。

最低でも3か月以内には中止・治癒しないと、病名整理をするようにと、国保や社保から指導を受ける場合もあります。出来るだけ、急性期病名・疑い病名はその都度整理をしましょう。




点眼薬(抗生剤)には注意


咽頭炎・膀胱炎・脱水症などに伴う処方は、急性期病名であることが分かりやすいので整理するのは比較的簡単です。

しかし、クラビット点眼液・タリビット点眼液など抗生剤入りの点眼液が処方された場合、整理をするのを忘れがちです。先日もクラビット点眼液が3か月以上続けて処方されていた患者様のレセプトが、減点されて戻ってきました。眼瞼炎の病名が3か月以上も続くのはおかしいという理由でした。それからは、処方される度に、中止をし、新たに処方が継続されたとしたら、医師に新しく病名を付け直して頂くようにしています。



抗生剤(クラリスロマイシン)等の長期処方について


患者様によっては、長期にわたって抗生剤が投与される場合もあります。肺の疾患などがある患者様で、少量の抗生剤長期投与によって、状態が安定する場合もあるからです。

しかし、そのままレセプト請求をすると、あまりにも抗生剤を長期に使いすぎていておかしいという理由で、減点される場合もあります。

やはりこれも以前減点して戻ってきたので、医師の診断・治療方針を症状詳記に記入して頂き、再審査請求をしました。その後は、一旦減点されるのも面倒なので抗生剤長期投与の患者様には、最初からレセプトに詳記をつけて提出しています。




まとめ


今週は脱水症の患者様の連続で、スタッフ一同疲れ切ってしまいました。来週に向けて暑さはますますピークを迎え、今日は福岡県糸島市では38.9℃を記録したとか。インフルエンザ並みの高熱ですよね。夜になってもあまり気温が下がらず、30℃以上が続くようです。昼間だけでなく夜間の熱中症のリスクも高いようなので、室内温度の調整・水分補給をしっかり行いましょう。我が家の犬猫たちも涼しいところをみつけて寝転んでおります。
スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }