FC2ブログ

2か所への訪問看護指示書

訪問看護指示書の期間


指示書の有効期間って知ってますか?

答えは6か月以内です。


  • 4月1日からだとすると、4/1~9/30まで

  • 6月24日からだとすると、6/24~12/23まで


但し、1か月の指示を行う場合は有効期限を記載する必要はありません。




指示の流れ


大まかな流れはこうなります。

訪問看護ステーション➡医療機関へ(文書等を通じて、〇月〇日からの訪問看護指示が欲しい旨の連絡が来ます)➡医師が記載(訪問看護指示料を算定)➡訪問看護ステーションへ送付




訪問看護指示料


1月に1回(300点)算定します。

Q:1月に2か所以上への訪問看護指示書を交付した場合はどうなるでしょう?

A:1月に1回のみ算定なので、たとえ2か所以上に交付しても300点×1になります。

2か所以上ということは、2倍、医師の手間がかかっているのに何故?という感じですが、同月内に記載する指示書は何通書いてもほぼ同じ内容になるので、1回しか算定出来ないのかもしれません。




特別訪問指示加算


急性増悪、終末期、退院直後など、頻回に訪問が必要な場合、週4回以上の指定訪問看護が一時的に認められます。その時必要なのが特別訪問指示。

患者1人につき月1回に限り+100点算定します(厚生労働大臣が定めるものについては月2回)

頻回の訪問看護は特別の指示に係わる診療の日からカウントして14日以内限度です。




衛生材料等提供加算


訪問看護計画書及び、訪問看護報告書を基に、療養上、必要と思われた場合、衛生材料等を患者に支給した場合に算定します。

在宅時医学総合管理料、施設入居時医学総合管理料、在宅がん医療総合診療料、在宅患者訪問点滴注射管理指導料、在宅療養指導管理料を算定した場合は、算定できません。




参照


以前に訪問看護指示書について記載していますので一緒にご欄下さい。

訪問看護師指示書

特別訪問看護指示加算

衛生材料加算




まとめ


以前から頻回にアップしてきた内容ですが、昨日2か所の訪問看護指示を「え!どうするんだっけ!」と一瞬わからなくなったもので、自分のためにもう一度まとめました。何回も出あっている当たり前の算定が時に当たり前が故にわからなくなったりするもの。「どうして、2回はダメなのか。」そんな疑問を持って算定していれば忘れなかったはずです。教科書通りに憶えるのではなく、内容をしっかり納得して覚えることが必要ですね。

鼻腔・咽頭拭い液採取

風が吹くと桶屋(病院)が儲かる?

寒くなりましたね~。急激に温度が下がると心配なのがインフルエンザの流行です。特に今年はインフルエンザワクチンがまだ本格的に供給されていないこともあって、インフルエンザ患者が例年より増えることが心配されます。
インフルエンザ患者が増える時期は、病院も忙しい。毎年12月は目の回るような忙しさで、加えてインフルエンザワクチンも今年は遅めのスタートなので、ワクチン接種業務と診察業務の並行で、より一層の忙しさが懸念されます。

インフルエンザ検査

インフルエンザ検査は、鼻に棒を突っ込んで鼻水を取る痛~い、いや~な検査ですよね。簡単な検査ですが、痛くて涙ぐんじゃう人もひるので、見ている方も辛くなります。

インフルエンザ検査はD012感染症免疫学検査のインフルエンザウイルス抗原定性 147点で算定します。その時忘れてならないのが、検査の手技料。
鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)も忘れずに算定しましょう。これは2016年4月から設定された新しい手技料です。
同じくMRSAなど、鼻腔から粘液を採取し、検査をするものは、すべてこの鼻腔・咽頭拭い液採取料を忘れずに算定しましょう。たかが5点。されど5点です。

その他採取料について

この鼻腔・咽頭拭い液採取の他にも、検体を取る時の手間料として、色々な採取料があります。以前にそのことについてまとめてあるので一緒にご欄下さい。➡採取料について


まとめfc2blog_201710302141406c9.jpg

インフルエンザワクチンを接種していても、インフルエンザにかからない訳ではありません。2年前にワクチン接種をしたにもかかわらず、スタッフが私を含め3人も次々とかかったことがあります。さすがにこの年で40℃近い発熱はヘビーです。患者様にうつしてはいけないので、しばらく休まなくてはなりませんし、忙しい時期には迷惑をかけてしまいます。

まずはワクチンを過信せずに、手洗いうがいをしっかりしましょう。栄養・休息も大切です。

暦月 暦週 1日につき

  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。


早見表を読み解くのにまず大切なのが、この本の用語の意味。意味が分からなけらば中身も正しく理解できません。早見表を開けてすぐに目次の次に出てくるのが「点数表の読解術」。まずはそこを理解しましょう。早見表がよりよく理解できますよ。では今日は「暦月」「暦週」「1日につき」について解説です。

「暦月」「暦週」「1日につき」

早見表を参照すると、こう書いてあります。
・・・暦(こよみ)上の1月、暦上の1週(日~土曜日)のこと。したがって、暦月による「1月につき1回算定」とは、前回算定日から1か月経過していなくても、暦上の月が変われば再算定できるという意味。
なんだかわかりにくいですよね。実際のカレンダーを見てみましょう。


「暦月(れきげつ)」

「1月」は、カレンダー上で(1日から末日まで)のこと。「1月につき1回算定」という意味は、(そのほかの算定要件を満たしているものとして)
  • 1月31日に算定
  • 2月に入れば再算定可 ということです。


「暦週(れきしゅう)」

「1週」は、カレンダー上で(日曜日から土曜日まで)のこと。「1週につき1回算定」という意味は、(そのほかの算定要件を満たしているものとして)
  • 金曜日に算定
  • 翌週日曜に入れば再算定可 ということです。


「1日につき」

「1日につき」とは、特に規定する場合を除き、午前0時から午後12時です。例えば午後10時に入院、翌日午前10時に退院した場合は2日としてカウントします。




まとめfc2blog_20170903101408ee1.jpg  

診療点数上では、「〇月」「月△回」「✖週」「週◇回」など、特にことわりがない場合は、原則、この「暦月」「暦週」として解釈します。
点数表には、言葉がわかりにくく、意味すらも分かりにくい場合も多いですが、基本の用語をしっかり押さえて読み慣れていくと理解が早まりますよ。



血糖自己測定器のみを渡した場合(在宅自己注射指導管理料)

実例:血糖自己測定器のみを取りに来られた場合


「メディセーフチップ(血糖自己測定器)が無くなったので、1箱もらえますか?」

糖尿病で在宅自己注射をしている患者様が、来られました。この患者様は、血糖が安定していて、診察は2か月~3か月に1回しか来られません。先月には、在宅自己注射指導管理料を算定しています。こういう場合、血糖自己測定器加算のみ、算定できるでしょうか?




(回答)算定できません。しかし、後で算定できる方法があります。


血糖自己測定器とは


血糖コントロールをされている患者様が、医療機関に行かずとも自分で血糖を測れるよう作られたのが、血糖自己測定器です。指からの血で、血糖を簡単に測ることが出来ます。

血糖自己測定器本体は、医療機関からの貸出になります。医療機関はその使い方を十分指導し、それに使用するチップや針をその使用頻度に合わせて支給すると、血糖自己測定器加算が算定できるという仕組みです。

ちなみに当院では、メディセーフやワンタッチウルトラビューを支給しています。




血糖自己測定器加算


血糖自己測定器加算とは、在宅自己注射指導管理料の加算として算定できます。


  • 月に20回以上・・・400点

  • 月に40回以上・・・580点

  • 月に60回以上・・・860点

  • 月に80回以上・・・1140点

  • 月に100回以上・・・1320点

  • 月に120回以上・・・1500点


この20回や40回・・・は、1か月に何回、血糖を測るかで決まってきます。例えば、メディセーフチップは、1箱30個入っているので、1箱渡した場合は、月に20回以上(400点)で算定します。




しかし、上の実例のように当月に在宅自己注射指導管理料を算定していない月の場合、その月に血糖自己測定器加算は算定できません。あくまでも、血糖自己測定器加算は、在宅自己注射指導管理料の加算なので、管理料の無い月は算定出来ないという訳です。




血糖自己測定器を後で取りに来られた場合



  • (同月内の場合)レセプト請求前の場合は、在宅自己注射指導管理料に血糖自己測定器加算を追加して、請求します。患者様には追加の分の料金を頂きます。

  • (レセプト請求後の場合)この場合は、本当に困りもので、レセプトを返戻して再請求するか、もしくはあきらめるかのどちらかです。




血糖自己測定器加算(1月に2回、3回算定可)


しかし、本来は、インスリンを処方した時に、1か月以上処方するならば、その時に同時に血糖自己測定器加算も算定するべきです。

早見表を確認してみると、当該加算は1月に2回又は3回算定することもできるが、このような算定ができる患者は、在宅自己注射指導管理料を算定している患者のうちインスリン製剤を2月分又は3月分以上処方している患者に限るとあります。



11月1日にインスリンを45日処方、12月15日に45日処方した場合


  • 11月1日 在宅自己注射指導管理料を×1+加算を2月分算定 

  • 12月15日 在宅自己注射指導管理料×1+加算を1月分算定


または


  • 11月1日 在宅自己注射指導管理料×1+加算を1月分算定

  • 12月15日 在宅自己注射指導管理料×1+加算を2月分算定








②11月1日にインスリンを90日分処方した場合 


  • 11月1日 在宅自己注射指導管理料×1+加算を3月分算定




アルコール綿は無料?


在宅自己注射指導管理料算定の患者様が自己注時に使用するアルコール綿を希望される場合があります。それはすべて在宅療養指導管理料の中に含まれているので、医療機関から支給します。

(早見表 p313(12)を確認) 保険医療機関が在宅療養指導管理料を算定する場合には、当該指導管理に関するアルコール等の消毒液、衛生材料(脱脂綿、ガーゼ、絆創膏等)・・・・を当該保険医療機関が提供する・・・


まとめ


在宅療養指導管理料は細かい取り決めがあり、複雑で頭が痛いです。毎回、点数改正の度に、変わってくる在宅医療。来春の点数改正でも大きく変わってくるでしょうか。今のうちにしっかり把握しておきたいと思います。




主病?難病外来指導管理料、てんかん指導料と特定疾患処方管理加算の関係

主病が2つある場合

レセプトお疲れ様です。レセプトチェック時にスタッフ内から出てきた疑問です。

「主病が2つあって、難病外来指導管理料(主病:パーキンソン病)と特定疾患療養管理料(主病:高血圧症)又はてんかん指導料(主病:てんかん)と特定疾患療養管理料(主病:高血圧症)がある場合、医学管理料はどうなるんでしたっけ?管理料は2つ取れないのはわかるのですが、特定疾患処方管理加算は取れましたっけ?」
当院では神経内科と内科が併設されているため、こんな患者様が多いのです。何を今更と思ったものの、毎日の会計時では、目の回るような忙しさもあり、前回doでの作業が多いため、意味を考える暇なく算定していたようです。まずは  診療点数早見表をチェック!


主病についての表記を確認(同一月)

(早見表)P1445を参照すると次のように書いてあります。
「レセプト上、主病名が複数記載されている場合であっても、ある疾患を主病とする場合に限り算定できる2種類以上算定することは認められない。このような場合は、主傷病として記載されている疾患のうち、どの疾患が主病であるかを医療機関に判断させることとなる。」

わかりやすく言うと、同一月内では、2つの主病がある場合
「主病が条件である場合の管理料(難病外来指導管理料)+主病での特定疾患処方管理加算は一緒に取れない」
「主病が条件にはない管理料(てんかん指導料)+主病での特定疾患処方管理加算は一緒に取れる」ということです。

以下の違いをみて下さい。
難病外来指導管理料には「主病とするもの」とあり、てんかん指導料には「主病については特になし」。となっています。☟




算定可否の例

  • パーキンソン病が主病で高血圧も主病(難病外来指導管理料+特定疾患処方管理加算)➡✖
  • (特殊な例)原発性胆汁性肝硬変が主病で高血圧も主病(難病外来指導管理料+特定疾患)➡〇
  • 高血圧が主病+てんかんもある場合(てんかん指導料+特定疾患処方管理加算)➡〇
  • てんかんが主病+慢性胃炎も主病である場合(てんかん指導料+特定疾患処方管理加算)➡〇
  • てんかんが主病+慢性胃炎があるが主病ではない場合(てんかん指導料+特定疾患処方管理加算)➡✖

難病疾患が主病であることが要件の医学管理等一覧

  • 特定疾患療養管理料
  • 難病外来指導管理料
  • 小児科療養指導料
  • 小児悪性腫瘍患者指導管理料
  • 慢性疼痛疾患管理料
  • 生活習慣病管理料
  • (投薬の部)特定疾患処方管理加算


まとめfc2blog_20170508232148b6f.jpg

「同一月の医学管理料等の併算定については、不可である」の考え方はわかりやすいのですが(一部算定出来るものもあります、難病外来指導管理料+在宅自己注射指導管理料➡〇)、特定疾患処方管理加算は投薬の部ですので、少し頭が混乱しますよね。

大抵そういう場合、主病が2つあることも多いですし、医療事務員としては迷うところです。しかし、裏を返せばてんかんの患者様などは、同時に特定疾患の薬の処方などがある場合は、医師に依頼をして特定疾患(高血圧や脂質異常症、慢性胃炎等)も主病にしてもらいましょう。

レセプトでは、算定出来ないものを見つけるだけでなく、算定できるものを積極的に探していき、医師に進言することも医療事務員の大事な務めです。


スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }