みんなの給与、賞与アンケート結果発表

アンケートにご協力頂きありがとうございました。

6月末から私の気まぐれで、このブログを読んで頂いている方の給与賞与のアンケートを実施致しました。ブログ上の投票欄にて、①簡易にクリックするだけのアンケートと②コメント欄、メールを利用して返答頂く2種類のアンケートを実施致しました。
私のブログがどの程度読まれているかも??でしたし、わざわざコメント欄等を利用して返答頂ける程の方が何人いらっしゃるか??の状態であまり大きな期待はしていなかったのですが、意外にも40人以上の回答を頂きまして、非常に嬉しい限りで、アンケートにご協力頂いた方には、心から感謝申し上げます。
アンケートの質問内容も細かな条件を無視したザックリとしたものでしたので、正確な数字を出すというより「へえ~。こんな人もいるんだね。」「私と結構似てるな。」程度の満足度しか得られないかもしれませんが、お約束通り集計して皆さんにお披露目したいと思います。

給与

  • あなたの給与はいくらですか?(縦軸:人数、横軸:給与額

  • 医療機関:【診療所勤務:30名、病院勤務:14名】
  • 雇用状況:【正社員:42名(内請負、委託4名)、パート:2名】計44名

賞与

  • あなたの賞与はいくらですか?(縦軸:人数、横軸:賞与額、青色:夏の賞与、赤色:冬の賞与)
  • 医療機関:【診療所勤務:30名、病院勤務:14名】
  • 雇用状況:【正社員:42名(内請負、委託4名)、パート:2名】計44名


2018年、夏のボーナス平均支給額ランキング





詳しくはこちらをご覧ください→マイナビニュースより

結果を受けて

「医療事務の給与賞与って一体いくらぐらいなのか?」「自分って妥当な給与賞与なんだろうか?」「最近社会人として働き始めた私の子供たちの方が、給与も賞与も上じゃないか!(;_:)
今回、単純な動機からアンケートを実施させて頂きましたが、給与は16万から20万が一番多く、賞与はばらつきがあるなあというのが私の印象です。もちろん、実務何年かによっても違いますし、地域の格差もあることは承知しています。しかしながら、たとえこれを全国で統計を取ったとしても大差ないのではないかな。と思います。衝撃だったのは同時期に日経新聞、マイナビニュース等に掲載された今年の賞与額平均の記事。どこの業界も夏ボーナスは昨夏より4.62%増!しかしその波が医療事務にきているとはとても思えません。診療所の方の回答が多かったので、中小企業の平均も参考にしないと実のところは、わかりませんが。

しかしながら、アンケートの中で多くの方がご丁寧なコメントを下さり、その内容がとても私の心に残りました。医療事務の現状がここにあると思います。皆さんにも、一部を紹介させてもらいます。
  • 派遣でボーナスはなし。もう泣きそうです。
  • ボーナスは2か月分ですが、手取り20以上は夢のまた夢です。
  • 給与賞与は少ないけど、昼ご飯、診察代は無料です。
  • すべて条件のよいところはない。給料を取るか、労働条件を取るか。
  • 労働条件には「経営状況による」と書かれています。
  • 個人医は評価や給与体系がボンヤリしているので自分の報酬ってどうなの?ほかの医療事務さんは?
  • 基本給、職務手当、物価手当、暫定手当、研究手当。基本給は上がらず、よく分からない手当てが・・・
  • 勤続10年、正社員になる以前は8年間パートでしたが、その間は賞与としては1万円しかもらってませんでした。
  • やはり薄給な仕事なのでしょうか・・・。好きだけじゃ続けていけないですね。
  • 医療事務の資格の有無経験に差がなく、正直、差があっても・・・と思うところです。もう少し仕事に自信が持てるようになったら勇気を出して詳細を聞いてみたいです。
  • 年俸制の人も割といるみたいです。
その他に、給与賞与とは関係はありませんが、こんな意見もありました。
  • Lineで気軽に相談できる「医療事務グループ」を作って欲しいです。
これには「なるほどなあ~。」と思いました。私も含め、みんなそういう仲間が欲しいんですよね。しろほんネットなど医療事務のことを相談できるインターネットサイトもありますが、もっと気軽に質問したい。って思っている人も多いのでしょう。しかし現段階では、グループを立ち上げた際に参加してくれる方がどのぐらいいるのか。グループ内いじめなどがあった場合の対処法。個人情報の流失の恐れはないのか。など考えていくとまだ実行段階にはないと思い、提案してくれた方には申し訳ないのですが、現段階では躊躇しています。


御礼

この度は多くの方にアンケートにご協力を頂き、誠に有難うございました。今後もブログ内にて医療事務に関する様々なアンケートを実施していきたいと思っていますので、「こんなこと聞きたい、知りたい。」何か案がある方はどしどしご意見をお寄せ下さいね。
スポンサーサイト

診療情報連携共有料と診療情報提供書の違い

歯科医師からの診療情報提供依頼


時々、歯科医師からこんな診療情報提供依頼が届きます。

  • 「○○様の抜歯を予定しております。現段階での○○様の病状と抜歯の可否についてご教授願います。」
医師がこの手紙を受けて、返事を書いた場合、みなさんの所では、どういう算定をしていますか?
2018年4月から導入された「診療情報連携共有料」ですか?それとも従来通りの「診療情報提供料」ですか?
最初、単純に歯科医師から依頼があって、情報提供をした場合は「診療情報提供料」ではなく、「診療情報連携共有料」に変わったのかあ~と思っていたのですが・・・
いえいえ、よくよく診療点数早見表を読んでみると、どうもそんな単純なことではないようです。この二つは点数もかなり違いますし(診療情報提供料は250点、診療情報連携共有料は120点)、一体なんでこんな新算定が出てきたのか?????診療情報提供料で算定した方がお得ではないか?????なんのために必要な点数なのか?????考えれば考えるほど頭がごちゃごちゃになって来ました。


診療情報連携共有料とは?


  • 歯科医師を担う別の医療機関からの求めに応じ、患者の同意を得て患者に係る検査結果、投薬内容等の情報を文書により提供した場合に、提供する医療機関ごとに患者1人につき3か月に1回を限度に算定する。
あ~。相変わらず分かりにくい説明ですね。結局のところこんな感じのことが書いてあります。

  • 歯医者さんから「患者さんの歯の治療に、必要なんで、お宅の検査データと何の薬を飲んでるか教えて下さいな。」みたいな手紙が来て、そのお返事を書いた時は「診療情報連携共有料」で算定してくださいよ。ってことです。ポイントは歯科医師を担う医療機関からの求めに応じの部分で、歯科から診療情報提供依頼がまず最初にあることが必要です。
ということは、「診療情報提供料」で算定してはダメだってこと?ってことになりますが、そもそも診療情報提供料の基本をまずは知らなくてはいけません。


診療情報提供料とは?


  • 保険医療機関が、診療に基づき、別の保険医療機関での診療の必要を認め、これに対して、患者の同意を得て、診療状況を示す文書を添えて患者の紹介を行った場合に、紹介先保険医療機関ごとに患者1人につき月1回に限り算定する。

噛み砕いて言い直してみると・・・

  • 「これは他の病院に行った方がいいですね。紹介状を書きましょう。」と医師が他の医療機関での診療の必要性があると判断し、患者さんの同意を得て、他の医療機関に紹介状を書いた時に算定するのが「診療情報提供料」とういことです。他の保険医療機関とあるので、歯科だろうが医科だろうがそんなことは関係ないということで、ポイントは他の医療機関での診療の必要性があり、紹介状を書いた時という部分にあります。

歯科に診療情報提供をする=「診療情報連携共有料」
医科に診療情報提供をする=「診療情報提供料」

こういう単純なことではないということですね。


診療情報連携共有料には、どうも納得がいきません


歯科から診療情報提供依頼が来て、それに伴う患者情報を提供するのには、とても手間がいるものです。患者様のカルテを見直して、検査結果や投薬内容、既往歴、医学的状況を医師が懇切丁寧に手紙を記載するとしたら・・・それも診療情報連携共有料(120点)ですか?ね。
納得がいかないのは120点だからです。診療情報提供料の半分以下ですから。他院に紹介するときと同じぐらいに手間をかけているのに何故???とても疑問がありますね。
ただ、検査結果や投薬情報だけ、コピーを取って簡易的に書くのなら、納得がいくのですが。医師の性格にもよりますが、丁寧に文書を提供したいと考える医師の場合は、とても損をしている気になります。

まとめ


「診療情報連携共有料がこの度どうして登場したのか?」新しい算定が出た時は、世の中の動きと厚労省の狙いを考えるとわかることがあります。診療情報連携共有料はこの度、歯科、医科ともに登場しています。
従来は、わざわざ歯科からの求めに応じなどと言われることはまずなかったと思います。しかしこの度の改正の大きなテーマは「在宅」。在宅を大きく推奨する意味でも、歯科医師、医科医師、訪問看護その他コメディカルのチーム医療がとても重要です。今後は益々横の連携に対する報酬が増えていくものと予想されますね。
ちなみに診療情報連携共有料の中に以下のような一文もあります。
  • 「診療情報連携共有料を算定するに当たっては、歯科医師を担う別の保険医療機関と連携を図り、必要に応じて問い合わせに対応できる体制(窓口の設置など)を確保していること。」要するにどの医療機関にもすぐにカルテを参照して問い合わせに対応できる「地域医療室」のような窓口を設けて下さいという厚労省からの意向がここにも見えています。




診療所の小さな闇の世界

小さな世界 



診療所の人間関係はとてもとてもとても狭い。先生1人、看護師3~5人、事務3~5人。そんなものではないでしょうか。



この小さな小さな小さな社会の中に、小さな細かい怖いルールや掟が沢山あって、一度決まると二度と上下関係が覆されることない士農工商の世界。一歩間違えると戻ってくることのできない永遠の闇の世界。今日は外からは見えない診療所の闇の世界へ皆様をご案内致します。




医療事務は国家資格ではないからね~


医療業界の中では医療事務は、窓際族。医師や看護師に実はいつもどこかで蔑まされている。何故なら、医療事務は国家資格ではないから。医師も看護師も、医療事務の資格を自分たちの資格と同じにしないで!と強く思っている。実際、医療事務の資格は民間資格。何年間もかかって資格を取っている彼らにとっては、医療事務の資格なんて授業の合間にする小テストぐらいのレベル。




診療所のランクづけ


医師がトップランクだとしたら、その下が看護師、そしてもちろん最下位レベルは医療事務。この上下関係はどんなことがあろうと覆ることはない。いやむしろそれに逆らったものは、この場所には居られなくなる。院長はまずは看護師を大切にするし、看護師の機嫌は常に伺うもの。看護師に辞められたら面倒だからね。「医療事務?気に入らないやつは別にやめてもらってもいいよ。すぐに代わりを探せるし。」的なレベル。




敬語は大切


同い年、年下だからといって、気安く看護師にため口はご法度。もちろん医師にため口なんぞ、お話になりません。相手を見て言葉遣いを変えるのは、まあ社会の常識ではありますが。常に尊敬とあこがれのまなざしで、接していれば大丈夫。従順な相手には噛みつくことはありません。医療事務同志でも上下関係は大切。下剋上を狙っては、いじわるされるだけです。逆パワハラってのも最近ではありますが、長い間上に立つ主任クラスの事務員はそれなりに医師や看護師に認められている存在。どんなに仕事のできない人でもどんなにやる気のなさそうな主任でも、医師や看護師に認められている、それだけで、十分免罪符です。




新人にありがちな失敗


「さあ、今日から新人としての第一歩。さあ頑張ろう。」そうやって張り切って来る子は大歓迎。のはずですが・・・でも先輩たちは一挙手一投足を見ています。「本当にこの子、私たちとうまくやれるかしら。」仕事が出来て、先輩を立てる。そんな新人しか認めません。


  • メモは取っている?

  • 何回も同じことを言わせないでよ。

  • 口の利き方はどう?

  • おしゃべりばかりしていない?

  • 出来すぎていてもかわいくないの

  • 私より出来るなんて生意気


こわいこわい。女の正解は恐ろしい。生意気に思わせないよう、頑張りを見せて、先輩に気に入られること。新人ちゃんのハードルは思ったよりも高いです。




有給取りすぎないよう、残業やりすぎないよう


有給は労働者の権利です。しかし、この小さな小さな世界にあっては、有給なんてあってないようなもの。人数が少ないんだから代わりの人間なんていないんですから。一人が有給を取るときは、3人でする事務を2人でするってこと。補充なんてありません。残された事務員たちは・・・忙しいのが目に見えていますね。


  • この日は予約が少ないから。大丈夫かな。

  • ○○さん、確か来月の3日に休みたいって言ってたよね。今回は遠慮しなきゃ。

  • 休みの申告は大分前から、「これこれこういう事情で休まなくちゃいけなくて。」たくさん言い訳をしておく必要があります。


残業も同じく、自分だけやりすぎてはいけません。そして、しなさすぎてもいけません。出る杭は打たれます。




まとめ


ちょっと大げさに書きましたが、多かれ少なかれ診療所で働いているとこのような経験をされた方がいるのではないでしょうか。私はこの小さな社会でうまく仕事をするのに一番大切なのは、医療事務力よりも人間力だと思っています。人間関係がうまくいっていないと、医療事務力さえ発揮できないからです。診療所には部署替えも異動もありません。一度押された刻印は消されることは決してありません。「人間力」。それは自分をしっかり持って、そして他人の良さを認めることの出来る人。その信念がゆるぎない人はどこに行っても上手くいくものです。

最近、面白い本を読みました。「いつも誰かに振り回される」大嶋信頼原作。森下えみこ漫画。です。




人間関係で悩んでいる人は是非手に取ってみて下さい。マンガを読んでいるだけでも面白く、人間関係が良くなる方法がわかりやすく書いてあります。私もいつもちょっと苦手だなあと思っていた人に同じ方法を試してみたところ、みるみるうちにその人のことが好きになっていきました。(これ嘘ではありません。実際に試してみると実感できますよ。)















医療事務は生き残れるか

時代を読む


私は今すぐ転職を希望しているわけではありませんが、Indeedやバイトルといった求人サイトアプリに登録をしています。登録をしていると、常に求人広告が入ってくるので、「今の医療事務の相場」を知ることも出来ますし、どこかに幸運が落ちているかもしれませんしね。

求人広告には職種を「医療事務」と「医師事務作業補助者」で登録していますが、以前は圧倒的に「医療事務」の求人が多かったのですが、最近は「医師事務作業補助者」の求人がうなぎ上りに増えてきています。私が医師事務作業補助者になった頃(8年くらい前でしたか)は、ほとんど医師事務作業補助者の求人などなかったので、最近はパートではなく正社員としての採用も増え、驚くべき現実です。

「医療事務」と「医師事務作業補助者」。似て非なる仕事ですが、これからの時代にはどちらの仕事が生き残れるのか勝手に検証してみました。




医療事務にもBPO時代がやってくる


買い物に行かずしても、Amazonや楽天などでショッピングが出来るようになったり、診療がオンラインで出来る時代になったり(オンライン診療料も診療報酬として正式に認められたのは医療事務関係者ならご存知の通り)時代は刻一刻と変わってきています。10年前に考えられなかったことが、今の当たり前になっていく現実。

「医療事務」は今後どうなっていくのでしょうか。10年後に生き残っている職業なのでしょうか。

医療事務の仕事を見てみると・・・


  • 受付

  • 保険証確認

  • 診療報酬点数の計算

  • 会計

  • レセプト業務



最近は一部の医療機関で、受付は自動受付機があったり、会計も自動精算機があったりします。保険証もマイナンバーが普及すれば自動で読み取りが出来る時代になるでしょう。唯一診療報酬点数の計算やレセプト業務も外部委託の時代になるかもしれません。BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)は今既に企業の一部では総務や人事といった仕事では当たり前に行われていますので、医療事務の特権だった診療報酬点数も外部に委託すれば、医療機関に医療事務員は要らなくなるのです。




「医師事務作業補助者」はどうでしょう。医師の膨大な事務作業を軽減するために最近広がりを見せ始めた仕事ですね。仕事をざっと見てみると・・・


  • 病名入力

  • 書類作成(診断書、紹介状等)

  • コスト算定

  • 記事入力

  • 処方箋入力

  • 予約

  • 検査オーダー

  • 入院申し込み


どれもこれも医師が今まで行ってきた仕事を肩代わりするものばかり。業務内容をみてみると、ただパソコン(電子カルテ)が早く打てるだけでなく、医師業務を理解するための医療知識、コストを入力するための診療報酬事務知識が必要なことが分かります。医療秘書の意味合いも強く、担当医師とのコミュニケーションスキルも必要となります。「秘書」のような人がする仕事は、どんなに時代が進んでも必要とされる仕事。「医師事務作業補助者」こそ、外部委託されることも、機械に肩代わりされることのない仕事ではないでしょうか。




医師事務作業補助者を目指そう


私の勝手な見解を書いてみましたが、今、医療事務をされている方で医師事務作業補助者に興味を持たれた方は、是非私のブログの【カテゴリー】の中に医師事務作業補助者の記事を覘いてみて下さい。医師事務作業補助者の現実を書いてあります。今後は今よりもっと「医師事務作業補助者」が必要とされる時代が必ず来ると思います。








twitter_icon_f07a237e2197fdd9edc11b0fafb74c95.jpgなつこからのお願い



(只今アンケート募集中)全国の医療事務の方々が一体どのぐらいの給料、賞与なのか、興味がありませんか?そういうことって隣のクリニックのことさえ、わからないものですよね。もちろん正社員、パート、アルバイトと条件は違うので一概には言えませんが、もし、大勢の方がご回答いただけるようでしたら、必ず集計してブログで医療事務の給与の実態を発表しますので、アンケートにご協力ください。






  1. 勤務状況(病院か診療所か等)





  2. 雇用状況(正社員かパートかアルバイトか等)





  3. 給与額





  4. 賞与額






このブログのコメント欄に1~4を記載して頂き、送信してください。もちろん無記名(ハンドルネーム可)、ブログ非公開扱いで構いません。非公開でコメントを頂ければ一切、ブログに載ることもありませんし、私の方でも個人を特定することは一切できませんので安心して、コメント欄に回答頂ければと思います。操作を誤って公開にした場合はこのブログにそのまま載ってしまいますので、ご注意下さい。




またメールフォームも用意してありますので、そこにコメント頂いても結構です。(私のメールアドレスにそのまま届きます。但しこの場合は、個人のメール番号がこちらで把握出来てしまうので、ご了承下さい。)








★ブログ内のプラグインに「今年の夏のボーナス」アンケートも実施していますので、こちらは該当部分をクリックして頂くだけのものです。みなさんの集計結果もすぐに「投票結果」から見ることが出来ます。多くの方にクリックして頂くと、全国のみなさんの医療事務の実態を見ることが出来ますよ。








既にご協力頂いた方には深く感謝致します。














人は突然死にます

身近な人が亡くなった後の手続きのすべて


Amazonでこんな本を買いました。


言い忘れましたが、今のところまだ同居中の夫の両親と、私の実家の父は元気です。(実母は25年前に亡くなりましたが)

しかし、親世代の死だけでなく、私や夫も50を過ぎましたので、昔だったら疾うに死んでいる年齢。ある日突然、こんなことが必要になってくるかもしれません。突然のその日に慌てないように、一冊身近に置いておこうと思って購入しました。






患者様が死亡した時


医療機関に勤めていると、悲しいかな、事務仕事と言えども、人の死に間接的に触れることはありますよね。今は診療所勤めなので、直接患者様の死の場面に出くわすことはありませんが、病院勤めの時は、ドクタークラークをしていたこともあり、救急室に運ばれてきた患者様の処置にドクターと一緒についていき、蘇生をする医師の傍らで、電子カルテに蘇生のための処置の記録を淡々と打ち込むこともありました。救急室での蘇生ですので、患者様が目の前でお亡くなりになる場合も勿論あり、そのあと、霊安室のカギを開ける仕事は本当にいやな仕事でした。

今は診療所勤めなので、さすがに目の前で患者様はお亡くなりになりませんが、いつも受付で会話をしていた患者様が、突然亡くなられたと近隣の病院から一報が入ったりなどはよくあること。「○○さん、亡くなったんだって。」待合室で、そういう会話はよく耳にします。

訪問診療に行っている患者様は特に注意していなくてはなりません。悲しいかな、突然亡くなって、医師が死亡確認に行くことも想定されます。

患者様が死亡したとき・・・その日は突然やって来ます。患者さんの家族は急いで死亡診断書を取りにきますし、会計も済ませておかなくてはなりません。会計後に間違いがあったとしても、追加でお金を頂くことなんて出来ないことです。事務として必要なことは、「その日が来た時」素早く正確な会計と書類作成をすることです。






死亡マニュアルを作成しておく


縁起のいいことではありませんが、死亡マニュアルを作っておきましょう。必ず役に立つ日がやってきます。一番多いのは訪問診療の在宅患者様が亡くなるパターン。亡くなる前は、訪問回数や往診が増えたり、訪問看護からの報告も頻回になったりしますよね。そうなるといよいよその日は近いのかもしれません。死亡の連絡があったら、ドクターは診療を中断しても患家に出向くかもしれません。その時の対応マニュアルも必要になります。


  • 死亡時の状況(訪問時なのか往診時なのか)

  • 死亡した日時(往診で行った場合は死亡時刻によって取れる加算も変わってきます。)

  • 死亡時の加算(看取り加算、死亡診断加算、在宅ターミナルケア加算など)

  • 死亡診断書作成(死亡診断書の料金は決めていますか?正しく診断書を書けますか?)





過去のブログに死亡診断時の記事をいくつか書いています。良かったら併せてご覧ください→死亡診断書 →死亡診断 →死亡診断書と死体検案書の違い




まとめ


我が家の愛犬は今年の7月で12歳になります。最近はすっかり茶色だった毛も白くなり、毛の量も少なくなってきました。しかし、老犬ですが今のところはまだ元気に走り回れますし、体調も上々です。でも犬ですのであと生き永らえたとしても数年程度。いつまでも一緒にいたいですが、その日は突然やってくるはずです。一人でその日を想像しながら涙を流してる私。こういう時は昔子供に読み聞かせをした絵本を取り出してきます。もし、読んだことがない方がいたら、是非一度読んでみて下さい。子供への読み聞かせは勿論、大人になって読んでも感動できる絵本です。






「なっちゃん🐶、ずっと、ずっとだいすきだよ。」

なつこからのお願い
twitter_icon_f07a237e2197fdd9edc11b0fafb74c95.jpg

(只今アンケート募集中)全国の医療事務の方々が一体どのぐらいの給料、賞与なのか、興味がありませんか?そういうことって隣のクリニックのことさえ、わからないものですよね。もちろん正社員、パート、アルバイトと条件は違うので一概には言えませんが、もし、大勢の方がご回答いただけるようでしたら、必ず集計してブログで医療事務の給与の実態を発表しますので、アンケートにご協力ください。



  1. 勤務状況(病院か診療所か等)



  2. 雇用状況(正社員かパートかアルバイトか等)



  3. 給与額



  4. 賞与額



このブログのコメント欄に1~4を記載して頂き、送信してください。もちろん無記名(ハンドルネーム可)、ブログ非公開扱いで構いません。非公開でコメントを頂ければ一切、ブログに載ることもありませんし、私の方でも個人を特定することは一切できませんので安心して、コメント欄に回答頂ければと思います。操作を誤って公開にした場合はこのブログにそのまま載ってしまいますので、ご注意下さい。


またメールフォームも用意してありますので、そこにコメント頂いても結構です。(私のメールアドレスにそのまま届きます。但しこの場合は、個人のメール番号がこちらで把握出来てしまうので、ご了承下さい。)




★ブログ内のプラグインに「今年の夏のボーナス」アンケートも実施していますので、こちらは該当部分をクリックして頂くだけのものです。みなさんの集計結果もすぐに「投票結果」から見ることが出来ます。多くの方にクリックして頂くと、全国のみなさんの医療事務の実態を見ることが出来ますよ。




既にご協力頂いた方には深く感謝致します。


スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }