FC2ブログ

復習しましょ:初診

医療事務は無くなるの?



私は今年で医療事務に携わってから早17年目を迎えます。とうとう、オンライン資格システムがこの春から導入されて、保険証の確認も機械がする時代になります。保険証確認から電子カルテ、自動精算、レセプトチェック、レセプト送信に至るまで今まで私たち医療事務員がしていた仕事がAIに全て取って代わる日ももうそこまで来てしまっています。



さて、この先医療事務員はどうやって生き残っていけばよいのか。仕事は淘汰されるのか。そんなことはありません。そう、AIはどんなに優秀でもそれを管理したり、設定したり、AIをうまく扱える医療事務員がいなければ、うまく機能しないからです。でも少なくとも人数は今よりも減らされることは間違いなく、その中でより業務を深く理解している人のみが、生き残っていけるのではないでしょうか。
医療事務として今後も生き残っていくために、まずは医療事務の基本を一緒に勉強しなおしませんか。

「初診」とは?


漢字をみると、「初診料」とは初めて診察をする時にかかる料金のこと。ですね。

しかし、この初めて!ってところがくせ者でして。

〇が初診料算定可、✖が算定不可



  • 初めてこの病院に来た→〇

  • 初めてこの病気になった→〇

  • 初めてこの先生にかかった→〇

  • 診察を勝手に中止し、1か月以上が経過し、また同じ病院で同じ病気で診察を受けた→〇

  • 慢性疾患(高血圧、糖尿病など)で治療中の場合、2か月が経過して再度同じ病院を受診した→✖(なぜならこれらの生活習慣病のような病気はそもそも2ヶ月程度で完全に治らない病気だから)

  • 慢性疾患でも一旦治って、2か月が経過して、急にまた発症した(ぜんそくなど)→〇


 (*慢性疾患って言葉も一体何を意味してるのか難しいですよね。それはまた今度ブログで書きたいと思います。)


医療事務として注意すること


上記の条件に値し、初診料を取る時は、必ず以前の病名を中止、または治療にして下さいね。レセプトで必ずチェックするくせをつけましょう。






初診料についてもっと知りたい方は→初診料について


出勤一週間の停止命令

先週末、夫が風邪をひきまして。
症状:微熱(37.0)体のだるさ
「ふーん。そうなの。パブロンでも飲んどく?」
普段ならそれで終了。ってとこですが、この時代、コロナを否定せずして風邪とあらず!と医療関係者の端くれである私はそう思いまして、念のため近くの発熱外来を受診させました。
結果は陰性。「やっぱりな。まぁ良かった。」
それで終わりのはずだったのですか、勤め先のクリニックの院長に報告したところ、わ・た・しの一週間出勤停止の命が下されました。
「え!一週間!陰性だったんだよ!まじでか。」心の声
よーくわかってますよ。陰性でもその後に陽性になることもありますしね。その家族なら濃厚接触者扱いとして要注意なのも、医療関係者の端くれの私だって、知ってますよ。
でもね。夫はその後、すぐに回復。仕事にも復帰しました。そりゃただの風邪だったんですから。
何故か私だけが、そうまだ出勤停止中で(もちろん有給扱いですが)家でゴロゴロしております。
「折角の休みだ!どっか行こう!」なんて勿論できる世の中じゃないし、やることなさ過ぎて、今日発表される芥川賞直木賞候補の本をメルカリで購入して(メルカリ なら外に出ずして家のポストに届きますので)読み漁ってます。
さて、誰が取るかなぁ。
個人的には芥川賞には宇佐美りんさんの「推し燃ゆ」か尾崎世界観さんの「母影」。直木賞では西條奈加さんの「心淋川」か芹沢央さんの「汚れた手をそこで拭かない」を推しています。もちろん話題の加藤シゲアキさんの「オルタネート」も素晴らしかったんですが、少し現代風の話題と若者感覚のテンポの速さにおばちゃんはついていけなくて。
兎にも角にもコロナの恐ろしさを身をもって知ったこの一週間。無症状だったり、風邪かなと世間に広まって、PCRをするのはごく一部の意識ある人だけで、PCRが出来て、たとえただの風邪だとわかっても周りの人間も社会活動を停止させられる。世界の人々の命と経済活動も蝕んでいく末恐ろしいコロナ。
皆様も充分お気をつけ下さいませ。

ワクチン問診票あるある事情

お久しぶりですの言い訳


お久しぶりでございます。ほんと一体どのぐらいブログをアップしてないんだ?なつこ、医療事務辞めたのかなって思われた方もいたかもですね。

医療事務、まだまだ現役で続けていますよ( ´∀` )。じゃあ、なんで最近ブログ更新しなかったんだ?って言われると、そのあのあのですね。実はほかのことに夢中になっていたからなんです。普通に医療事務正社員で仕事をして、主任なんで院長と若いスタッフ、時にはナースたちの間に挟まれて気ばっかり使うし、もちろんレセプト時は遅くなりますし、コロナ禍で何かと疲れる業務も多いですしね。帰ってくれば愛犬とも遊びたいし、最近の溜まったドラマもまとめて見たい。ゲーム好きの私としては「あつもり」だって冬仕様にしたいし、それプラス普通の主婦なんで家事やら夫の相手や義母の愚痴も聞かなきゃならない。そんなこんなで今までもブログを更新するのはいつも夜中か突然目覚めた朝だったり。なんて感じでブログをアップしていたのですが、実はコロナ禍の始まった今年の春ぐらいからすご~く楽しいこと、夢中になること他で見つけてしまったのです!

実は私、今物販に夢中です!そうあのメルカリとかヤフオク!とかAmazonとかで好きなものを仕入れて売ってるんですね。かれこれ半年以上たちますが、大好きな本やペットグッズを中心に売っています。もちろん最初は我が家の不要物を断捨離するために始めたのですが、いよいよ家の中に売るものが無くなってきて、今はネットショッピングなんかで安く仕入れて売ったりなんぞしています。「転売屋かあ~」っていう批判の声も聞こえそうですが、いえいえ、ちゃんと古物商の認可も警察で取りましたからね。堂々とした副業なんですよ!

始めは気軽に始めた物販ですが、これが面白いのなんのって!小金しかまだ稼げてませんが、勉強することもいっぱいありますし、日々仕入れて、売って、コメントして、商品の管理など、仕事からの帰ってからの忙しいのなんのって。今年は初めて確定申告にもいかなくてはなさそうですし、まだまだわからないことだらけで、日々勉強。でも楽しいんですよね~。またそのあたりの詳しいことにご興味がある方がもしいらっしゃいましたらまた今度。






インフルエンザワクチンに翻弄された今年


今年はインフルエンザワクチンの接種が政府からのお達しにより従来より早められました。どこの医療機関さんももうほとんど打ち終わったのではないでしょうか。65歳以上基礎疾患のある方を優先に10月から接種可能となったインフルエンザワクチン。ご存じのようにコロナ禍にあり、コロナとインフルエンザの同時流行を回避するために、今年は大体的に政府が宣伝したこともあってか、問い合わせも非常に多いシーズンでした。

当院では診察時間内にインフルエンザワクチン接種を同時に行っていることもあり、(今年は別の時間帯にすべきたという意見が多数スタッフから出たのですが院長に一蹴されまして)従来どおりに診察時間内に打ち始めたものですから、ワクチンの問い合わせ、予約対応、接種者の密を防ぐ対策に非常に非常に非常に疲弊した毎日でした。診察とは他の時間帯に絶対に打つ方が密も避けられるし、ゆったりと接種できるのでミスも減るしと思ったのですが、たぶん人件費の関係ですかね。院長がどうしても別時間に接種することを首を縦に振りませんで。このコロナ禍で小さな弱小クリニックは経営すら不安定なので、仕方ないですかね。スタッフの頑張りで乗り切ったという感じの秋でした。

ワクチン問診票あるある

インフルエンザ問診票あるある
毎年のことですが、ワクチンの問診票を正しく間違いなく完璧に書いて下さる方って、結構少ないですよね。皆さんのところではどうしてますか?毎年頭を悩ませるこの問診票記載。

以下、問診票あるある列記してみました。



  • えんぴつで問診票を書いてしまう

  • 複写の問診票の間に下敷きをいれて書いてしまう

  • 名前のフリガナ欄に住所を記載する

  • 住所欄に町名と番地しかかかない

  • 電話番号欄は空欄のまま

  • 自分の年齢をまず把握していない

  • 時々男女もわからなくなる

  • 高血圧、高脂血症ぐらいの薬だと病気だと思っていないので、病気がないと〇してしまう

  • 病気があっても病名は知らない

  • 当然飲んでる薬もなんだか把握していない

  • そもそも今日の日付を間違えている(令和2年か3年かぐらいはわかって欲しいのですが)

  • 他院にかかっているのに、接種してよいか確認してこない

  • 今日のインフルエンザのことで医師に質問がありますか?に〇をしているのに質問することがない


まあその程度のことならいいんですがね、そもそも問診票すべてを自分で全く書くつもりがない方もいますしね(もちろん目が悪かったり、手が震えていたりという方にはこちらも優しくお手添えしますが)そういう方はご家族に書いてきて欲しいものですが、最近は一人暮らしの方も多いので中々難しい現状です。





みなさまのところでも面白い問診票あるあるあったらコメント欄を使って教えて下さい。

ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク試験を受けました


昨日、ようやく介護の「ケアクラーク技能認定試験」を受験しました。このブログでも何回か取り上げましたが、約1年前にニチイの通信講座で「ケアクラーク」の勉強を長々と延長しつつも講座を修了し、すぐにこの医療教育財団が行っている「ケアクラーク技能認定試験」を受けるつもりだったのですが、1年に3回ほど実施される5月の申し込み時期をうっかり過ぎてしまい、今回9月27日ようやく試験を受けることになりました。







在宅試験の怖さ


この試験、実は在宅試験でした。「え?在宅試験って?家で受けるってこと?なんなのそれ!」って感じですよね。今は医療事務も同じように在宅試験になっているようです。コロナウイルスのこともあるのか?と最初は思ったのですが、どうもその前から実施され始めているので、まるで現代の世の中を先回りしたかのような、医療財団の判断ですね。ていうか、もともと会場を借りて受けていた時も、資料全て持ち込み可で、あらゆる資料を持ち込んでの試験でしたので、どこでしても一緒じゃん~ってことになったのかもしれません。

この試験、当日午前中指定で試験問題が自宅に届き、その日のうちに試験問題を解いて(消印は翌日まで可)返送するという方式。待って待ってよ。元々資料は見放題の試験だけど、家にいるってことは、それって誰に聞いてもいいってことだし、試験時間も受験時間なんてあってないようなものだし、その日一日かけてもいいってことでしょう。ネットを調べまくったりしてもいいわけだし、合格しないとおかしいじゃない!って感じですよね。私もなーんだそんな試験なら簡単だよ!と大して勉強の復習もせず、当日を迎えてしまいました・・・・・







当日、試験問題が午前中に届くと言われていたので、朝の9時ころから、天気が良いのに犬の散歩も行かず、売れたメルカリの商品もコンビニに出しにも行かず、そうただひたすら自宅で待っていました。午前中ってことなんだから、9時から10時までに来るって思うじゃないですか。試験問題が来たら速攻、近所の図書館の自習室に行って、試験をするつもりでした。(自宅じゃやっぱり集中できそうにないので)それが・・・・待っても待っても全く試験問題が到着しません。手渡しされるということで必ず本人が受け取ること!という注意書きもあったので、本当にどこにも行けず待ち続けておりました。大体、ヤマト便で来るのか、佐川急便で来るのか、郵便局が来るのかそれすらわかりませんからね。試験問題が来るまで何も手につかずテレビも耳に入らず、悶々とした気持ちでいたのですが、さすがに11:30を過ぎた頃に「これは、一体どういうこと?電話しようかなあ~」と思った頃にようやく赤い車が我が家の自宅の前に止まりました。居てもたってもいられず、それは郵便局の赤い車でしたが、職員さんが下りてこられるのをこちらが待ち受けるように、走って行きました。

ようやく届いたのがこれです!試験の中身は見せられませんが(規定で絶対にコピーを取ってもいけないし、SNSなどに投稿禁止となっていました)封筒はこんな感じでした。







中には試験問題が学科と実技の2種類が入っていて、一応時間もそれぞれ50分、60分と決められていました。慌てて図書館に車を走らせ、試験問題に取り組んだこと2時間、既定の時間を少し過ぎた頃、ようやく試験を解き終えました。その頃にはもうぐったり。なんせ勉強をろくにしてなかったこともあり、問題を見ながらいちいち解答をテキストから探し出し、それを記載するようなやり方だったので(勉強していればすぐにどこに書いてあるかはわかったのでしょうが・・・)とにかく疲れ切ってしまいました。実技のレセプトなんか、私の注意力すべてを出し切ってなんとか記載した感じで、終わったころには肩こりでガチガチ、目はしょぼしょぼ。在宅試験なんだから何回も見直せばいいや。って思っていたのに、もう見直す元気も全く残っていなくて、とにかく目の前からこの試験問題をなくしたい、もう見たくないという気持ちで、添付されていた封筒にさっさと解答と問題用紙を入れて、今度は郵便局に走りました。

郵便局は当然日曜日でしたので、空いているところは町の中心街にしかなく、そこまで車を走らせたときにはもう閉まっていました(;´д`)。その日のうちに簡易書留で出せなくても消印は翌日でも有効ということだったのですが翌日は仕事だし、そうそう郵便局には行けそうにありません。レターパックでも可能と書いてあったので、慌ててローソンでレターパックを買い、なんとかその日のうちには投函することが出来ました。

全てが終わったころには日も暮れかけ、疲労困憊。在宅試験は本当疲れますわ。よほどどこかの会場で集中して一気に受けた方がましですね。

さあ試験の結果はいかに。

1か月後に分かる予定です。70点取れていないと合格ではないので、手ごたえとしては微妙な感じですね。合格していたらまたこのブログでもお伝えします。不合格なら永遠に黙ってますね笑。

新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業について

厚労省より↓

新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業について

厚労省から詳しい説明が出てきました。コロナウイルス医療従事者への慰労金の件です。当院でも話題になっていて、「うちって5万円だよね。」「それって医療事務ももらえるの?」「私パートだし、どうなのかなあ~?」等々。やはり皆さん興味は尽きないようです。
当院はコロナウイルス患者様の対応は行っていませんが、もちろん風邪?っぽくもしかしてコロナ???っていう患者様を診ざる負えない時もあるので、感染症対策に院長は相当額の費用を費やしています。もちろん医療事務の私たちもマスクにフェースガード、ゴム手袋と、完全カスタマイズされた中で電子カルテ画面と患者様を見つめる毎日は、(すごくフェースガードのプラスチックで見えにくい上にとても暑い!)頭痛の原因にもなっています。なので慰労金は当然もらえる対象なのですが、さて手続きどうしたらよいものか・・・・・

手続きについて

これは病院などは当然総務担当のような部署が行うべきものです。ただ小さなクリニックの場合どうしたらよいのか、それは各クリニックで決めるしかありません。国の10万円の慰労金のように個人が簡単に申請できるものではありませんので。
まずは院長にこの手続きについてどうしたら良いか尋ねましょう。多分どこのクリニックの院長も既に考えているはずです。大抵、クリニック専門の税理士さんや社労士さんとも契約している医院が多いはずですので、そちらからも必ず院長に打診はある筈です。医師会からも何らかの通知が来ているかもしれません。県からの申請と国からの申請とダブってしまってもいけないですし、パートの10回以上勤務とか掃除の方も対象になる可能性もありますし、そうなると勤務日数をどう証明したら良いのかなど、一クリニックの医療事務員では、勝手にできるものではありません。総務についても責任を任されている事務員なら別ですが。
なのでこの件を知らない、忘れている院長がいたら、まずはどうすべきかなどを尋ねてみましょう。そしてその手続きについてお手伝いできることがあれば致しますよ。ぐらいの提案はしてもいいかもしれません。
大抵、クリニックを開設するような院長の場合、医師兼経営者なので、普段からお金については厳しく、細かく、うるさいもの!中々太っ腹な、「お金適当~」なんて、ざるのような経営者はいないはずです。このようなお金の申請の件については多分何らかの心づもりをしているように思えます。

コロナウイルス中のガソリン代

コロナが蔓延してから当院ではありとあらゆることが厳しくなってきました。それは当然なのですが、一番個人的に出費として厳しいのが、昼休みに院内の休憩室を使えなくなったことです。私は正社員なので午前午後とも勤務なのですが、家もそこそこ遠いので、昼休みは院内の休憩室を利用させてもらって、院長や家から遠いスタッフ数人と楽しくおしゃべりしながら、過ごしていました。しかしコロナウイルスで事態一新!
「昼休みは外に出てください。」ってことになりまして、(まあ昼ご飯は顔を突き合わせて食べるので禁止は当然なんですが)毎日昼休みを近くの公園の駐車場に留めて、車中で過ごしています。当然早く勤務が終了して帰れそうなときは、家に帰ることもあるのですが、家から40分かかるのでガソリン代もそれなりにかかってきます。つまり一日2回、医院と自宅を往復していることになります。下手するとコロナウイルス前に比べるとガソリン使用料が2倍になっています。
私の場合はこの慰労金が入ってもガソリン代の補填になるかなあ~という感じですかね。

まとめ

本当にコロナも暑さもお金も厳しい世の中になってきました。日々ウイルス対策も変わります。自分が医療従事者だということを自覚して行動しなくてはいけません。あとで「こんなことあったよね。」って笑って話せる時が来るまで、頑張って乗り越えていきましょうね。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }