FC2ブログ

秋冬に備える

コロナ禍での医療事務の変化


コロナが騒がれ始めて、世界中に広がって、非常事態宣言が出されて、そして解除と、今まで経験したことのない数か月でしたね。医療の世界も随分と変わってきました。「医療従事者の方ありがとう。」と安倍首相を始めとして世間でも感謝される立場に。「医療従事者は自分の健康や安全よりみんなの幸せ」「奉仕と犠牲の精神」みたいな存在になりつつあります。

さて、そうは言っても医療従事者だって自分や自分の家族にうつされたくないですし、自分の病院、クリニックからコロナを出したら評判にも関わってくる。給料も半減するかもしれません。そんなこんなで段々と重装備になりました。


汚い絵ですみません💦このマスク+フェースガード、一日つけてると頭が痛くなりませんか?私の場合、眼鏡もかけてるもんで頭のあちこちが締め付けられる感じ。そのうえ夏場はとにかく暑い!この上、ゴム手袋までして患者応対するものですから、この夏熱中症になりそうです。こんなんじゃ、耳の遠いお年寄りとまともな会話もできないですし、電話に出るのも一苦労。フェースガードをしてることを忘れて電話に出ると受話器がさえぎられて声が聞こえなかったり、受付あるあるですかね。

秋冬になると・・・

さて、これだけ防御しても秋冬がやってくると、コロナ以外にも世間では風邪が蔓延します。インフルエンザも流行するでしょうし、インフルエンザワクチン接種も従来よりかなり多い人が押し寄せるはずです。今年は肺炎球菌ワクチン、風疹ワクチンもなぜかとても多いと思いませんか?対象者になった方はもちろん、自費でもと多くの患者様が来院されます。とにかくワクチンというものはとりあえず受けておこうという気持ちからでしょうか。
秋冬はそれでなくてもインフルエンザワクチンと普通の診察でごった返す毎日なのに、その上コロナ対策なんて今年の秋冬は侮れません。
インフルエンザの人と、風邪やコロナの患者様をどう見分けて、どう診察するのか?別部屋に通すのか、電話診察、オンライン診療をするのか、ワクチン接種はどの時間帯にするのか等々。今から院内導線も含めて考えておかないと大変なことになりそうです。

07/06のツイートまとめ

queseraserapan

これからの外来医療 https://t.co/cGNsYJZ7u7
07-06 15:00

保険証入力よ、さようなら

ついに恐れていた事態が

先日院長からこんなことを言われました。
「今度新しく電子カルテが変わるんだけど、保険証入力が要らないらしいよ。カードリーダーで読み取って勝手に入力してくれるらしいわ。」

え!!!それって、凄いことだよね。保険証入力の面倒さがなくなるってことだよね。期限を切ったり、有効な保険証を確認したり、桁数が違うって返戻されることもないってことだよね。それってすごすぎない!!!保険証確認は医療事務の基本の基本。そこが無くなるなんて( ゚Д゚)

でもちょっと待ってよ待ってよ。それって事務の仕事が大幅に縮小されるってことだし、もちろん電カルに任せて100%ってことはないかもだから、多少その電カル操作の人間は必要だけど、今までみたいにこんなにスタッフ必要?受付人数減らされるんじゃない?

当院は受付事務に常時3名配置されていて、おまけに全員正社員。このコロナ禍で院長も経営が大変なようですし、人減らしはそこまで来ているような感じ。一体だれが?まさか全員パートになれって言われるんじゃ・・・まあ雇用契約がありますからね、無理やりってことはもちろんないんでしょうが、一番年配の私に穏やか~にその提案があるやもしれません。

医療事務の要らない時代。もうそこまで来ています。そのとき自分に何が出来るか。どう対処していくか。実はそのために新たな道を模索しはじめています。よかったらそちらのブログも最近始めましたので、良かったらご覧ください。→古物商なつこの物語


コロナ禍での電話再診について

支払基金からの一本の電話


先日、5月のレセプトについて支払基金から電話が入ってきました。私ではない別のスタッフが電話を取り、慌てて相談してきました。

「ドキ!」またなんかやらかしたか~。国保や社保からの電話は大抵おかしなレセプトを請求したときに決まってますから・・・

担当者:「あの~○○様の5月のレセプトの件ですが、電話再診の際に難病外来指導管理料を算定されていますが、これはコロナの関係の分でしょうか?」

(?コロナ。ちょっと待ってくださいよ。確かに先月はコロナの関係で慣れない院内トリアージ料は算定したけど、難病の関係での電話再診って?あったけ???)慌ててカルテを確認しました。

「申し訳ありません(つい悪くもないのに謝る私・・・)そちらの分は確かにコロナの関係で電話で難病の方の診察をした時のものです。」

担当者:「それでしたら、難病外来指導管理料はコロナ禍での特定疾患療養管理料「2」の慢性疾患の診療147点に変更させて頂きます。」

「どうぞよろしくお願い致します。」

ふ~。今回はなんと支払いされる前に電話のみで解決しましたが、コロナ禍での診療報酬請求には十分注意をしなくてはなりませんね。


コロナ禍での電話再診について


もともとコロナなどが流行る前は、電話等による再診については、前提として「定期的な医学管理を前提として行われる場合は算定できない」というルールがありました(例外もありますが今回は端折ります)しかし、今回新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、実に多くの事務連絡が厚労省からあげられ、臨時的に診療報酬が一部改正されています。こちらにも一部改訂事項を載せています。併せてご覧ください→電話や通信機器を用いた初診料の算定

その中の事務連絡診療報酬上の臨時的な取扱いとしてこのような表記がされています。



つまりこういうことです。普段は医療機関に来ていただいて、対面診察していた患者様も、このコロナ禍を恐れて外出できず、それでも医師の定期的な診察を受けたい場合、電話等での診察が認められ、管理料も算定できます。ただし、いつもの特定疾患療養管理料などではなく、特別に作った「慢性疾患の診療(新型コロナウイルス感染症・臨時的取扱)147点」を算定してください。というわけです。





『え!ちょっと待って!これって特定疾患療養管理料のことでしょ?難病外来指導管理料とは違うんじゃないの?』そう思われる方も多いと思います。実は私も勘違いしていました。


以下をまずはご覧ください↓







い線の引かれた部分にやたらと”等”を使った表記が多いことに気づきます。この特定疾患療養管理料147点は生活習慣病の糖尿病や高血圧症などの患者様の指導時に算定する「特定疾患療養管理料」だけを指しているのではなく、B000等、つまりBとは医学管理料全般の中で、「注」注意書きで「電話や通信機器を用いた場合」が記載されている管理料にも適用されるということです。

よって難病外来指導管理料のところをみてみると確かにありました。つまりこちらもコロナ臨時取扱いの、B000特定疾患療養管理料「2」の点数147点が算定できるとういうことですね。

まとめ

難病外来指導管理料だけでなく、てんかん管理料もこのケースに当てはまります。まだまだコロナの第二波、第三波の影響によっては、算定要件も変わってくるかもしれません。厚労省のホームページは引き続きチェックが必要なようです。

06/20のツイートまとめ

queseraserapan

第二波が来る前に https://t.co/1383XSAp46
06-20 16:19

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }