FC2ブログ

そろそろeーラーニングの季節ですよ~

ベンゾジアゼピン系薬剤の長期継続処方の減算規定


2018/4の診療報酬改定でベンゾジアゼピン系の薬剤についての減算規定が設けられましたよね。抗不安薬系の薬や睡眠薬の薬を2018/4から1年以上連続投与した場合、2019/4から処方料29点、処方箋料40点に減点になりますよ。っていう例のあれです。これによって算定点数が、内服薬7種以上の場合と同じ安い点数になってしまうということです。

当院は内科ですが、睡眠薬を服用している患者様の多いこと、多いこと。処方箋料の減点はとても重大なことで、クリニックの収入減につながる非常に大きな問題です。如いてはスタッフの給料カットなんてことになったら大変ですから。


  • 高齢者の訴えのベスト1は、「眠れない」「寝てない」

  • その次が「便が出ない」

  • その次ぐらいが「しんどい」


という感じではないでしょうか。




ベンゾジアゼピン薬とは・・・2018/3/5日本医師会Q&Aより参照

具体的には、エチゾラム、ジアゼパム、ゾピグロン、ゾルピデム酒石酸塩などが該当します。こちらのホームページでチェックしてみてください。→ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について


結構使用頻度の高い薬ですよね。精神科でなくても処方している診療所さんも多いのでは。私もチェックしてみると普通に自院で処方されている薬ばかりでした。




減算規定への対策方法


減算規定があると書きましたが、対策の方法はあります!


それは、医師に研修を受けてもらえばいいのです。


何故なら「不安又は不安に係る適切な研修」または「精神科薬物療法に係る適切な研修」を修了した医師が処方した場合は長期処方に該当しないとされているからです。


☟(平成30年3月30日 厚労省事務連絡)より


「不安又は不眠に係る適切な研修」については、現時点で日本医師会の生涯教育制度における(eーラーニングを含む)において、カリキュラムコード69「不安」又はカリキュラムコード20「不眠」を満たす研修であって、プライマリケアの提供に必要な内容を含むものを2単位以上取得した場合をいう。


「精神科薬物療法に係る適切な研修」については、現時点で日本精神神経学会又は日本精神科病院協会が主催する精神科薬物療法に関する研修をいう。ただし、精神科の臨床経験5年以上を有する状態で受講した場合のみ該当する。


その他に「精神科医の助言を受ける」という手もありますが、その都度精神科医とやりとりをするのは大変ですし、研修を受けてもらっておく方が手っ取り早いですよね。



減算発生は2019/4より


厳密にいうと減算発生は2019/4からのことです。2018/4から1年以上の長期処方に対し減算となります。定期処方で出し続けてきた場合が対象で、定期から頓服に変わったなどの場合は、継続処方には当てはまりませんが。

しかし、今年ももう残すところ1か月。2019年の4月などもう目の前です。

「そろそろ先生、e-ラーニングの季節ですよ。」とささやくのも医療事務の大切な仕事です。

11/25のツイートまとめ

queseraserapan

ペットも在宅医療の時代かあ〜〜 https://t.co/vCxuRBHxci
11-25 13:01

11/22のツイートまとめ

queseraserapan

RT @morita_yoshio: ゴーン氏逮捕。不正・違法はあったにせよ、これ大恩人へのだまし討ちじゃないの。全くのダメ会社を世界的な優良企業にしたのは明白に彼の力だよ。被害者面した現社長は、彼の功績についても「個人に帰するというより、従業員の努力によるもの」とまで言う。株…
11-22 22:54

「神は存在しない」 ホーキング博士、最後の著書出版 https://t.co/wQHPTn1xjl @cnn_co_jpより 神がいるとかいないとかより、前を見上げて生きることの大切さ。偉大な著書。是非読んでみたい。
11-22 11:48

11/18のツイートまとめ

queseraserapan

ポケモンGOきっかけで結婚した夫婦の「ポケモン風結婚式ムービー」 半端ないクオリティに運営側も「本当にすばらしい」と称賛 - ねとらぼ https://t.co/BAdkIQE41X素敵すぎた。
11-18 23:55

在宅療養指導料?在宅療養指導管理料?

在宅なのに(医学管理料)?



在宅療養指導料ってご存知ですか?

在宅療養指導管理料のことでしょう?

「どっちがどうなの?」実は以前、私はこの二つを混同していました。どうしてまた、どっちも似たような名前を付けてるんでしょうね。診療報酬にはこのように漢字を羅列して似たような名前で分かりにくものが多いですよね。医療事務泣かせのネーミングだなといつも思っているのは私だけでしょうか。

今日はその復習も込めて、二つの違いを見ていきましょう。


在宅療養指導管理料


こちらは診療点数早見表でみると、項目は、Cの在宅医療の中にあります。


しかも在宅医療指導管理料なんていう点数は実はなくて、ただの大きなタイトルみたいなもんなのです。どれもこれも在宅指導管理料という文字が入っています。全て在宅での継続した医療機器の使用や処置を要する場合に算定するドクターのアドバイス料のことです。


在宅療養指導管理料

①退院前在宅療養指導管理料②在宅自己注射指導管理料③在宅小児低血糖症患者指導管理料④在宅妊娠糖尿病患者指導管理料⑤在宅自己腹膜灌流指導管理料⑥在宅血液透析指導管理料⑦在宅酸素療法指導管理料⑧在宅中心静脈栄養法指導管理料⑨在宅成分栄養経管栄養法指導管理料⑩在宅小児経管栄養法指導管理料⑪在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料⑫在宅自己導尿指導管理料⑬在宅人工呼吸指導管理料⑭在宅持続陽圧呼吸法指導管理料⑮在宅悪性腫瘍等患者指導管理料⑯在宅悪性腫瘍患者⑰在宅寝たきり患者処置指導管理料⑱在宅自己疼痛管理指導管理料⑲在宅振戦等刺激装置治療指導管理料⑳在宅迷走神経電気刺激治療指導管理料㉑在宅仙骨神経刺激療法指導管理料㉒在宅肺高血圧症患者指導管理料㉓在宅気管切開患者指導管理料㉔在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料㉕在宅植え込み型補助人工心臓指導管理料㉖在宅経腸投薬指導管理料㉗在宅腫瘍治療電場療法指導管理料㉘在宅経肛門的自己洗腸指導管理料


在宅療養指導料

一方、在宅療養指導料は、在宅とは言うものの、Cの在宅医療の項目ではありません。Bの医学管理の中にあるものです。
これは特定疾患治療管理料の中の一つであることがわかりますね。在宅と頭についているものの、在宅医療の仲間ではありません。上記の在宅療養指導管理料を算定している患者様に指導を行った場合に算定できるもので、特徴的なのは、医師ではなく看護師等が行った場合にも算定できるところです。

在宅療養指導料とは・・・
  1. 在宅療養指導管理料を算定している患者又は入院中の患者以外の患者であって、器具(人工肛門、人工膀胱、気管カニューレ、留置カテーテル、ドレーン等)を装着しており、その管理に配慮を要する患者に対して指導を行った場合に、初回の指導を行った月にあっては月2回に限り、その他の月にあっては月1回に限り算定する。
  2. 保健師、助産師又は看護師が個別に30分以上療養上の指導を行った場合に算定できるものであり、同時に複数の患者に行った場合や指導の時間が30分未満の場合には算定できない。なお、指導は患者のプライバシーが配慮されている専用の場所で行うことができるものであって、患家において行った場合には算定できない。
  3. 療養の指導に当たる保健師、助産師又は看護師は訪問看護や外来診療の診療補助を兼ねることができる。
  4. 医師は診療録に保健師、助産師又は看護師への指示事項を記載する。
  5. 保健師、助産師又は看護師は、患者ごとに療養指導記録を作成し、当該療養指導記録に指導の要点、指導実施時間を明記する。

まとめ

実はこの在宅療養指導料、結構取り漏れていました。在宅関係のことで看護師が患者様に指導室で話をすることはよくあったのですが、時間が何分行われているかとか、内容は何かなどあまり気にも留めていなかったのです。確かに30分という時間は長いものですので、厳密に当てはまっていたのかどうかはわかりませんが、今後は在宅のことで医師経由で看護師に指示があり、指導室で話をすることがあったら、時間をカウントしてもらい、算定していこうと思います。もちろんカルテに内容を記載してもらうのも皆さまお忘れなく。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }